2009年9月 6日 (日)

週末の打ち上げ

Party01

8月最終の週末でした。

雑穀食堂 1日カフェの打ち上げ。
開催した3度のカフェに関わってくれた友人を招いて自宅でディナー。

シャンパン、ワイン、アンティパストのプラッターを用意して、ケータリングを頼んで。
ケーキとスイーツでしめ。

1回のみ関わってくれた人、
2回関わってくれた人、
3回全部関わってくれた人、

人数を数えると、私たち(私とMakiちゃん)以外に、トータル8人もの人が関わって
開催できたカフェでした。

金曜日に参加できなかった人も、
日曜日のランチ@kappayaさんでキャッチアップできました。

久々のKappaya。

Party02


お料理は変わらず家庭的で丁寧、店内は混んでいたけど
時間の流れはゆっくりでした。


Party03

このワンコ、すごくかわいかったのでパチリ。
飼い主さんはどこなのかな?とっても心細そうでしっぽもたらんってなってて。
おろおろしてて、大きい子なのだけど。

abottsfordのconvent
Bakery Cafeでお茶。


Party04

ここの雰囲気好きで、マーケットのあとなんかにちょくちょく前は来てたな。
パンつくりのワークショップなんかもしてます。
ここで日記とか、メモとか、コリコリ書いてる時間がすき。


Party05

オーストラリアサイズのケーキ、大きい1ピース。
キーケースと比べると想像つくかな。

寒かった1日。
店内でまったりが心地いい。皆でぺちゃぺちゃ他愛無い会話たのしい。

Party06

makiちゃんから素敵なギフトをもらいました。
アルバム the memory of zakkoku shokudo in melb。
3年半前、私たちにはじめに雑穀料理を教えてくれたMwちゃん、
そこから始まった私たち、集まった友人たちとの数々の共有の思い出が詰まったアルバムです。

『あのとき、こんな写真とってたんだ!』っていう懐かしい1枚1枚が
詰まったとってもうれしい贈り物。色んなひとと出会ってきたのだな。

類は友を呼ぶ
で、雑穀食堂に集まってきてくれる人々は自由でクリエイティブな
個性派が多いなと思います。

またメルボルンへの里帰りには、面白い企画期待しています!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

第3回 雑穀食堂 春の1日カフェ

お天気にも恵まれた8月23日(日)、第3回目となった1日カフェを開催致しました。

C0175861_10444356


写真提供 by Go!豪!!メルボルンさん


今回は完全予約制、数量限定で予約受付をしましたが、
予想以上の反響を頂き、当初の50食限定より多い、65食のランチプレート
+2キッズランチを、yukashiのスイ-ツは限定の20セット
+当日ご用意した分も含めサーブさせて頂きました。

お越し下さった皆様、ご連絡を頂いた皆様、ありがとうございました。
多くの方に足を運んでいただき、私たち、そして当日サポーターとして
大活躍してくれた友人たち皆心から感謝です。


今回は春メニューということで、春を意識した
『ピクニックランチ』 プレートをご用意致しました。

Cafe02

~春のピクニックランチ~ (写真時計回りに)

桜ご飯のおにぎり
ぬか漬け
マッシュルームオーブン焼き もち粟リゾット詰め
赤キヌアの春雨サラダ 和風紫蘇ドレッシング
高キビ団子と3色野菜の串揚げ わさびシーザーソース
ポレンタケーキの高きびトマトソース添え


yukashiのスイーツは、和素材を使った甘さ控えめのお菓子セットです。

Cafe03

黒ゴマのブラマンジェ、きな粉クリーム添え
蓬(よもぎ)と小豆(orホワイトチョコ)のケーキ


12時のオープンと共に予約の方で席が埋まっていきます。
テーブルにお通ししたら、キッチンではお料理のサーブがはじまります。
『⑧番テーブルさんに4名分、串揚げ、揚げ始めてね!』

Cafe04

活気付いてくる中、3回目となった今回は、余裕も生まれ、
また予約制ということもあり、来てくださった方とお話を楽しむこともできました。

Cafe05

some comments we have got from our supporters on the day!

「この赤いつぶつぶ(キヌア)おいしい!」 by 剣道をされる男性の方
「旬のベリーは予防接種よりも効くんだよ」 by ナチュロパスのオージー男性
「次のイベントはいつ?永久予約お願いね」 by 3回とも参加された女性の方
「男の子だけど雑穀ガールズに入れる?」 by 友人に連れてこられた男性の方
「ボロネーゼって書いてあるけどお肉じゃないの?」 by 子ども連れの女性
「アフリカの雑穀粥のレシピは・・」 by アフリカ帰りの男性の方
「友だちからの紹介で来ました」 by ベジ料理が好きな男性の方
「韓国で雑穀料理に興味を持ってね・・」 by 以前韓国に住んでいた女性の方
「雑穀はどこで手に入るの?」 by メルボルンに来て日がたたないファミリー
「久々に友だちとキャッチアップできた」 by 過去にも参加してくれた女性の方
「このお団子は何でできているか教えて」 by お料理に興味津々な女性の方


今までのイベント、そしてこの1日カフェでもそうなのですが、
嬉しいことのひとつとして、来てくださる皆様がきれいに完食してくださること。
作る側として、これは大変うれしいです。

きれいにからっぽになったお皿をさげる時、言葉とは違う
『コミュニケーション』 みたいなモノを感じたりします。

今回は、Go!豪!!メルボルンさんの取材を受け、春の1日カフェを
<第3回 雑穀食堂コミュニティカフェ レポート>としてアップして頂きました。
ありがとうございます。 


イベントでは一番楽しんでいるのはいつも私たちだったりするのですが・・・

お片づけもだいたい済ませて、次のお楽しみは晩餐会
Cafe06

Izちゃんが持参したウィッグを私とIzちゃんはフィットさせてのディナー。
デジカメの動画撮影で記念映像を納めたり。
Cafe07_2


食後はtomoちゃんがジンバブエ仕込みの腕を披露。
いすを太鼓のように、タンタカ、ドンタッタ・・・♪

Cafe08

集合写真!
Cafe09

写真左上より、
いつも楽しい話題を振りまくtomoちゃん
出産の際はよろしくね!将来の産婆さんIzちゃん、
雑穀シスターズであり、占い師でもあるmakiちゃん
雑穀シスターズであり、yukashiのyukiko、
いつもダイナミックに一生懸命がんばってくれる頼もしいMさん、
将来はシュタイナー学校の先生、またお話聞かせてね。MIちゃん、

お疲れ様でした&ありがとう。

そして写真撮影前に帰宅した和菓子作りの豆子ちゃん、今回もお手伝いありがとう。

日曜日は、『大人の芝滑り』を楽しむピクニック
皆ウェルカムですので、是非ご参加ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

お知らせ

昨日、お知らせしたばかりなのですが 23日の雑穀食堂1日カフェは
定員となりましたので予約を締め切らせて頂きました。
沢山のお問い合わせ、ありがとうございました。

雑穀食堂のサイトにアップして、まだ1週間も経っていないので、
こんなに早く定員になるとは思ってもいませんでした。

今までは、完全予約制にせず、お料理も70名分以上は用意していたのですが
今回はいくつかの理由があり、数を決めてゆとりをもたせることにしました。


雑穀食堂の活動も益々盛んになってきて、そして
興味を持ってくださる方の層も広がってきた矢先ではありますが、
今回のイベントをもちまして私は主催の側から退くことになりました。

「雑穀食堂」という名の名付け親として、今後のことも含め、
それなりに責任も感じているので、そして何よりとっても楽しかったので、
離れるのはとても名残惜しいです。

この活動を通して経験できたことや学んだこと、出会った人々との時間。
そういうものをしっかりと抱えて、今後は日本を拠点に、先に繋げていく
ステップを踏んでいこうと思っています。

帰国後は、以前からの思いもありマクロビを基礎から勉強するために
スクールに行くことになります。

そして、ラッキーにも帰国後の仕事も自分のコンセプトにあった職が決まりました。
まるで用意されていたかのように、あるとき偶然、目に飛び込んできたポジションでした。
転がってきたチャンスを受け止めることができたのは、本当にラッキーです。


帰国と進路のシフト時期については1年くらい前から計画していたことです。
環境を変える、新しいことをスタートさせるというのは、自分で時期を決めるのは
それ程簡単なことではなく、後はタイミングだけだったようにも思います。

今回は、様々な要因が背中を押してくれて、
それ程迷うこともなく、流れと波にのっかかる形で決断まで至りました。


私が求めていることは、まだまだ先で、やっとスタート地点にきたのだなあと
いう感じなのですが、5年後、10年後をイメージしながら、ぼちぼち・・・です。

今後も、雑穀食堂の裏方メンバーとして、日本からサポートしていきます。
こういった理由もあり、皆でする最後となるイベントは来てくれた方々と、仲間と、
より交流を深めれる時間を取れるようにしました。
(思った以上に問い合わせが続き、結局60数食での締め切りとなりました。
本当にありがとうございます)

また、メンバーのまきちゃん(といってもメンバーは私たち二人だけなのですが・笑)
が9月よりしばらく帰国をしますので、雑穀食堂の1日カフェはしばらくお休みとなります。
今後、また新たな方々と共に、細く長く、楽しいイベントなどを開催できればと思っています。

yukashiのお菓子の活動は9月いっぱいまで続ける予定です。
今後につきましては、改めてお知らせ致します。


8月23日、そして、サポートしてくれた友達との打ち上げパーティが!
(こちらも準備、同時進行中)
とっても楽しみです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

春の雑穀食堂 1日カフェ

もうすっかり春を思わせるポカポカ陽気の日々が続いています。
例年より早く、ストーンフルーツや桜の開花で春のお便りがそこかしこに。

週末は台風のような強い風、激しい雨が降ったりやんだり・・・。
日本でも異常気象や自然災害が続いていたり、
この異常が普通・・・という感覚にならないように、これはちょっと大変な事態
なんじゃないかな、と危機感みたいなものを持って、日常のちょっとした
ことでもいいから、地球に優しくなっていかなければと思うこの頃です。


お知らせが遅れましたが、今週の日曜日 8月23日に第3回目となる
雑穀食堂・1日コミュニティカフェをオープン致します。 

春らしさを取り入れた、野菜と雑穀が主役の新たなベジタリアンメニューをご用意します。

今回は、ランチプレート1種のみ、50食限定の予約制となります。
尚、キッズメニューを別で用意致しますので、ご予約の際お伝えください。

(* 現在、残り10数食となっております。なくなり次第予約を終了致しますのでご了承下さい。)


yukashi デザートは20食限定となります。


メニュー
- 春のピクニックランチ  $15

桜ご飯のおにぎり
ぬか漬け

高キビ団子と3色野菜の串揚げ わさびシーザーソース (卵・乳製品使用)
ポレンタケーキの高きびトマトソース添え
マッシュルームオーブン焼き もち粟リゾット詰め
赤キヌアの春雨サラダ 和風紫蘇ドレッシング


- Yukashiデザート $6

黒ゴマのブラマンジェ、きな粉クリーム添え
蓬ケーキ


食材は無添加のものを、そして入手可能な限りオーガニックの地元野菜を使用致します。
春メニューは一部、卵、乳製品を使用したメニューもあります。
ヴィーガン対応でもご用意いたしますので、予約の際にお伝え下さい。


*雑穀食堂は、食べることが大好きなメンバーと
サポーターのボランティアによって運営されています。
そして、その思いは、皆とおいしく楽しくを基本に、雑穀料理を通して
一人でも多くの方々にそれぞれの「何か」に触れるきっかけになることです。

また「伝統食から見える未来食」というテーマで、
食と伝統文化の継承について、食と持続可能な未来食について、更には、
食と体や心とのつながり、食と自然とのつながりにも関心を寄せております。


お問い合わせ・ご予約は zakkokuaus@hotmail.com までどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

旬菜・雑穀 1日カフェで

第2回目の雑穀食堂コミュカフェ。

この度も沢山の方々に足を運んでいただきました。
ありがとうございました。

メニュー・レシピ考案など、やはりとてもやりがいがあって楽しいことですが、
美味しかったといってもらえたことが、何よりもの原動力です。

運営面など、不慣れなところで至らないところがまだまだあるのだけど、
ちょっとづつですけど、回を重ねるごとにより楽しんでもらえるようにできたらなと思っています。

さて、今回のメニューは
(写真が上手く撮れてなかったのですが・・・)


一汁三菜 ランチセット

*ワンプレート ランチ

1day_01

- 主菜
蕎麦の実とほうれん草のタロ芋コロッケ、自家製甘酒山椒味噌ソース

- 副菜
シャキシャキ野菜とテンペイの高きび味噌レタス包み
根菜とキヌアの豆腐ムース和え
切干大根とわかめのピリ辛ナムル
- オリジナル6穀米ブレンド(黒米、高きび、もちあわ、レンティル、小豆、スペルト)
- お味噌汁


*弁当ボックス

1day_02

- 主菜
高きびバーガーのキノコみぞれあんかけ

- 副菜
シャキシャキ野菜とテンペイの高きび味噌レタス包み
根菜とキヌアの豆腐ムース和え
切干大根とわかめのピリ辛ナムル
- オリジナル6穀米ブレンド(黒米、高きび、もちあわ、レンティル、小豆、スペルト)
- お味噌汁

この度も、卵・乳製品・動物性食品を使わないヴィーガンメニューです。
入手可能な限り、地元有機野菜を使用した体にやさしいサステイナブル家庭料理です。


Yukashi スイーツプラッター

1day_03

抹茶と小豆の和風ティラミス
豆腐白玉だんご(プレーン・黒ごま・かぼちゃ) 自家製黒蜜
洋梨のカモミール風味・白ワインコンポート

お料理、お菓子は材料を厳選し無添加を心がけています。
スイーツは精製度の低い有機砂糖と、フリーレンジ卵を使用しています。


今回も一緒にオーガナイズをしたMakiちゃんをはじめ、

tomochan、私・姉、前回同様キッチンで奮闘してくれたMちゃん、お財布作家の布コちゃん、
和菓子職人Aiちゃん、みんなありがとう。

席がなくてお待たせした方や、お料理が完売でお食事していただけなかった方、
ごめんなさい&来てくださってありがとうございました。

次回は8月末ころを予定しています。

ひとつひとつのイベントは、感動があったり、ハプニングがあってばたばたしたり、笑いがあったり、
反省して落ち込んだり、そしてなにより学ぶことがいっぱいです。

もうひとつの楽しみ。
ひと段落したら、長テーブルを囲んで皆でご飯。

1day_04

今回のタロイモコロッケ爆発事件、
ちょっと今では笑い話なんだけど(だって20個近くのコロッケが溶けて消えてしまったのですから!)
注文くださったかたをお待たせしたし・・・申し訳なかったです。
その後帰って、コロッケとは・・・ってはじめてコロッケの作り方や衣の役割
について科学的なことに気づくことになりました。

デザートは次回はプティフールの盛り合わせや、つるっといける軽いデザートも
いいなと考えています。


私が好きなのはこちら↓

1day_05

豆乳ぜんざい。

甘さ控えめに炊いた粒餡に、
エスプレッソマシーンでクリーミーに泡立てたしたボンソイを注いで、
黒蜜をくるっとひとかけし、
きな粉を振ってできあがり。好みで白玉をどうぞ。
簡単な冬のデザートの出来上がりです。お試しあれ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

穀菜と1日コミュニティ・カフェ

2回目となる、雑穀食堂の1日カフェのお知らせです。


日時 : 7月5日(日) 12:00~(LO 15.30)
場所 : Wabi Sabi Salon 94 Smith St Collingwood
     Melway ref. 44 B5 or Tram 86 Stop 15

今回は、12:00~ 13:30~ で予約席を設けています。

詳細、メニューはこちらをご覧下さい。

この度も、雑穀と季節のお野菜を使った家庭料理を
皆で愛情こめて作ってお待ちしています!


雑穀食堂は、食べること、人と交流すること、表現すること、楽しいこと、が大好きな
私たちと、サポートしてくれる周りの友人たちとのボランティアによって運営されています。

サイトにある、雑穀食堂とは? のページにあるように、その思いは、
皆とおいしく楽しくを基本に、雑穀料理を通して一人でも多くの方々に
それぞれの「何か」に触れるきっかけになることです。

そのひとつとして、こうしてコミュニティカフェを行える機会に恵まれていることは、
本当にありがたいことなのだなあと、とても思っています。


私たちは、それぞれの得意分野や興味のある分野をシェアしながら
「伝統食から見える未来食」というテーマで、

食と伝統文化の継承について、
食と持続可能な未来食について、更には、
食と体や心とのつながり、食と自然とのつながりにも関心を寄せています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

中華な雑穀料理を予定

今週末の土曜日に、ホープコネクションさんのイベントに参加致します。

今回は『メルボルン生活情報講座・日系コミュニティー団体交流会』
にて雑穀ランチを作ることになりました。詳細は >>こちら

私は今回欠席ですが、makiちゃん、tomochan、そしてお手伝いしてくださる方が
腕を振るいます!


-----------------------------------------------------------

日時:2009年6月20日(土)午前10時〜午後2時
(午前10時〜正午:生活情報講座、正午〜午後2時:日系コミュニティー団体交流会

場所: Grattan Gardens Community Centre 40 Grattan Street, Prahran
(Melway 58 D 5, Commercial Road から南向きに Grattan St に入ってすぐ)

内容:メルボルンの生活に必要な基本的情報  日系コミュニティー団体の紹介
- 住宅事情、運転・交通機関、教育、医療、銀行・金融機関、通訳サービス etc.

費用:雑穀料理ランチ込みでお一人$10

申込み・問合せ: ホープコネクションさんまで

-------------------------------------------------------------


そして予告、

7月5日(日) に1日カフェ 第2回を行います。
今回は予約席を設けております。下記時間帯より希望時間をお選び下さい。

1. 12:00 ~
2. 13:30 ~

お問い合わせ、ご予約は下記メールまでお願い致します。
zakkokuaus@hotmail.com

メニュー詳細などは近日中に雑穀食堂サイトにアップ致しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

Sunny Day

180603

今回、実家から届いた荷物、
食料品の他には、フェアトレード製品の犬のアイピローが入っていました。

午前は休みを取っていたので、午後より出勤。
ゆっくり寝ようと思ってもやっぱり朝早く目が覚めて、その小さな犬の枕を目の上にのっける。

もういいや、よし、起きよう。

珈琲を淹れて、
ヨーグルトに 白餡、栗の甘煮、黒豆きな粉、それに送ってくれた黒蜜をかけて食べる。
そっか、日本はもうすぐ夏だから黒蜜なのかな。

今日はとってもお天気が良くて、気温は低いけれど太陽がまぶしい。
平日の日中に自由な時間があるってスペシャルだなあ。

昨夜は 日本VSオーストラリア のサッカー観戦にMCGへ。
7万人近くの人だったようです。

180602


日本人サポーター席の一番いい席は、売り切れで、私たちが取れたのは2番目のシート。
試合以外の違うこと(観戦してる人とか、周りの様子とか)に気を取られてばかりで、
ゴールを決めたときとか、完全見逃して歓声に驚いたり。

180601

ニッポン、ニッポン、


早く起きたはずなのに、午前は家でやることが沢山あって時間がどんどん過ぎる。
やっぱり時間って食べられてるのかなとか思って。

通勤途中、
例え30分でもゆっくり外でランチしたいな。
やっぱり、こんなに天気がよいし、色々まとめたいこともあるし。

お日様のした、ぼーっとしながら本をぺらぺらめくってリラックスすると、
インスピレーションも沸いてくるし、お料理のアイデアも膨らむし、いいことだらけ。

7月5日の雑穀食堂の1日カフェ。
メニューはだいたい固まりましたが、アイデアだけはいっぱい出てくるから、
あれも、これも・・・とまた欲張りになる。
食材や手間や時間やコストを考えると、実現難しいことが多くて
家で作るご飯のようにいかない現実。

トップ画像は、本日のカフェ、one of my favorite bakery cafe 『Dench

駐車場に戻るストリート上、
こんな手作りな小さなコミュニティ野菜ガーデンがあって。

180604

フィッツロイのエリアらしいな。

今晩はソースのレシピでも作ってみよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

6月14日 雑穀・1日食堂

Quiche

先週日曜日の雑穀食堂 一日カフェ
来てくださった皆様、場所を提供してくれたwabisabiオーナーさん、サポーターとして当日大奮闘してくれた皆、
本当に本当に、ありがとうございました。

今までのイベントとは趣向の違った、1日限定オープンの雑穀食堂カフェという初めての試み。
至らなかった点、改善すべき点、自分自身への反省点など沢山あるのですが、
温かい声をかけてくださった皆様、うれしいフィードバックのお言葉、とても励みになりました。
今回は、私自身、もっとこうできたのじゃないかな?という反省点が色々あって、
割と複雑な気持ちだったので、フィードバックの言葉がいつにも増して響きました。


Special Thanks to

言わずと知れた『もろてん』のPonzuちゃん、当日フォトグラファーとしてかけつけてくれて大感謝。
影響力の大きいぽんちゃんの写真に当日の様子が収まって、このダイレクトなメッセージ力!


サポーターとして前回のイベント 同様お手伝いをしてくれたクラフトメーカー幸鳥ちゃん、私の姉Akiko、
今回初参加してくれた、シュタイナー教育の先生を目指すティラピスインストラクターMayucoちゃん、
急なお願いにも快く対応してくれて、とっても心強かったMaikoさん。

雑穀食堂仲間のmakiちゃんtomochan

ラヴx100 です。

いつものことながら、周りには、なんて素敵で面白い人たちがいるのだろうかと思い、
そして、まだまだどんどん輪がひろがっていくのだろうなあとも思い。
自分が進もうとりしている進路のことを考えると、今回はちょっとしんみりした私なのでした。


Zakkoku01

さて、当日です。
もう、これは予想をはるかに超える忙しさなのでした。
わたわた、ばたばた、パタパタパタパタパタ・・・。

12時オープンと共にお客さんが来て下さり、いつの間にかテーブルが埋まり、
一息つく間も、写真を撮る余裕もなく、皆、お水を飲む暇もないくらいフル回転なのでした。
ほっと一息つけたときは、もう閉店4時前。

Zakkoku02


かけつけてくれた友人、知人を含め、お話したかった方、あいさつしたかった方たくさんい過ぎて
あーーー。と思ったので、これも次回へ活かそう。


Zakkoku03


ぽんちゃんのブログやコメント欄にもあったように、当日、同じ長テーブルに座った
お互い顔見知りではなかった皆。
”何されている人なんですかー?”という声なんて聞いて、皆が繋がっていく様子を
私はちらちらと感じていて、とてもうれしかった。
漠然とだけど、私が求めていることのひとつで、空間を使ってやりたいことのひとつで。

メルボルン在住の人は、多才でクリエイティブな人が多いから、LETSできるね!
こうやって、どんどんコミュニティや輪が広がっていけばいいな。


今回、私たちがご用意したメニューは
(写真を撮る余裕がなかったのですが)

- 本日のスープ
そばがきと根菜のクリーミー粕汁 と 雑穀米の紫蘇むすびセット

- キッシュとサラダのプレート
もち粟と豆腐のウィンターベジタブルキッシュ
大根とルッコラのぱりぱりサラダ キヌア入 すりおろしトマトのイタリアンドレッシング
温野菜と豆腐ムースの彩りサラダ

一汁三菜 ランチボックスセット
お味噌汁
雑穀ごはん
もち粟とお揚げの白菜ロール煮
大根とルッコラのぱりぱりサラダ キヌア入 すりおろしトマトのイタリアンドレッシング
蓮根の梅酢ピクルス

粒そばと豆腐の蒸しシュウマイ 生姜だれ
or
高きびバーガーのキノコみぞれあんかけ

いずれも、調味料、食材とも無添加にこだわり、
入手可能な限り地元産の食材を使用致しました。
いずれのメニューも動物性食品・卵・乳製品不使用のヴィーガンメニューです。


そして、私、yukashiからは3つのデザートをご用意しました。
(ディスプレーとして飾ったデザートは、最後に皆で仲良く頂きました!)

有機オレンジコンフィの、アールグレーシフォンロール
自家製ドライフルーツのスパイスシロップ漬けと季節のフルーツ盛
Zakkoku04


蓬と白餡のパウンドケーキ、黒豆きな粉クリーム添え
自家製ドライフルーツのスパイスシロップ漬けと季節のフルーツ盛

Zakkoku05


パンプキンチーズケーキ、メープルナッツクリームがけ
自家製ドライフルーツのスパイスシロップ漬けと季節のフルーツ盛

Zakkoku06


朝、8時半入りで、休憩なしのノンストップで働いてくれた皆!
あっという間に時間も過ぎて、忙しいながらも笑いもあって(ここが好き!)、体力には
かなり自信があるのだけど、ここ数週間の疲れがピークになって、途中久々本気でもう無理かと
弱音をはきそうになりました。

でも、

これ!

Zakkoku07

この笑顔と素敵な振る舞い。
お片づけもある程度済んで、皆で囲むまかないディナー。
粕汁を配布する tomochanとmaikoさん。
この姿に癒される。

Zakkoku08

どれだけ食べるの?というくらい並ぶお料理。
お姉ちゃんが紫蘇の葉でおにぎりまで結んでくれました。

Zakkoku09

いっぱい働いた後のご飯は、おいしいね。
残った分は、皆でお弁当。

初めての試みで、初めてのキッチンで、初めてのメニューで、
皆100点満点以上なのでした。

ほっとしたのもつかの間、7月、帰国前に第2回目を行いたいと思っています。
次回は7月5日(日)となります。
メニューは少し変更となりますので、決まり次第雑穀食堂サイトにアップ致します。
デザートはプラッターで考えています。
次回の雑穀食堂・1日カフェは、予約席を設ける予定です。

さて、次に向けて準備スタートです!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

一時帰国 

Kumato


7月中旬から2週間強、一時帰国することになりました。

日曜の雑穀食堂のカフェの事務作業や準備で、ここのところ
割りにばたばたと時間が過ぎていたのですが、急に帰国することを決めて
スケジュール調整やら、チケット取得したり・・・が重なって、今日はご飯とかおやつ
を食べるのを忘れていました。
物事に集中すると、時折こういう傾向があるのが最近になって分かってくる。

会社への休みの申請をしたり、スケジュールにあわせて航空チケットを探したり、
毎回のことながら、これが割りと時間とエネルギーを消耗するのですよね。

偶然からはじまって、タイミングが重なり、今回の帰国の運びとなったのだけど
チケットを取ろうとした今日、
そろそろ取らないと・・・と思ったタイミングでシンガポール航空のスペシャル料金の
お知らせメールを受けて、これはちょっとタイミング良過ぎるのじゃないかな・・・
と蛇年らしく、疑い深くなったり。(今月のmakiちゃんの占い特集は蛇年です!)

一番のベストプライスでのブッキングは出来なかったのだけど、それでもとってもお得に
チケットも取れて、背中をごんごん と押された感じでした。
(そして、それぐらいがちょうどいいような。)


さて、今回の帰国。
今週頭に考えたことなのですが、メインとなる目的があってのこと。
それにあわせて、以前から興味があった正食協会のマクロビの体験入学も申し込みをしました。
そして、何か面白そうなイベントないかなあと色々調べてみる。

今日、やっと実家へも帰国する旨、連絡して。
とりあえずは、家族で名古屋に旅行に行く予定がたちました。
帰ってもメメちゃんがいないのだな、と思うと・・・それが心にひっかかるのだけど。

2週間だと、気候や環境の変化に体が馴染んだ頃、日本を出発です。
ここ1週間は、エネルギーを消耗しすぎかな?と感じることが多くてジムもヨガも控えていました。
来週からは、ちょっとづつペースを落として生活のリズムを戻していかないとです。


画像は、黒っぽい色をした、KUMATOトマト >>サイト
見た目や色がなんだか面白いなと思い、ずっと気になっていて少し前に買ってみました。
4-5個程入って、$6-7とトマトにしては高いのだけど、水耕栽培のHydro Tomatoより味も甘みも濃い。

紫キャベツ、紫玉ねぎ、紫いも・・・
野菜は色が濃い目のものが、味も甘みも強いのかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)