2012年1月20日 (金)

2012年 辰年

1327024777758.jpg

2012年が始まって、1月も半ばを過ぎました。
年末から姉夫婦プラスニューファミリーが帰国し、賑やかなお正月を過ごしました!


1327024783543.jpg


1327024785505.jpg


1327024787372.jpg

物心ついた時から、お正月は祖父のお家に親戚が集まってお祝いする変わらない光景のようでいて、皆年重ね、家族が増えたり、環境が変わったり、去年と今年、毎年少しづつ変化を感じます。

今年は祖母の13回忌で、1月の三連休に九州や関東の親戚も集まって、法事を行い、皆で有馬に温泉旅行に行きました!30名弱の団体旅行並のイベントでした。


1327024788762.jpg

遠方の久しい顔ぶれも揃い、楽しい旅行でした。有馬のお湯も良かった!また、日帰りでお風呂入りに行きたいな。


昨年から今年にかけて、私にとっては1歩踏み込むこととなった転換の年です。お城近くのお家を教室とカフェ用に先日契約しました。今年一年、目の前にある道をしっかりと歩み、また新しい事にもアンテナはって挑戦して行ければと思います。^^

皆様にとって良き一年となりますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

New Year Eve in 2011 

12月は毎年のことながら、あっという間に日々が過ぎ去り、2011年も最終日。

1325327531194.jpg

1325327536456.jpg

24, 25日は中ノ島grafでのファンタスティックマーケット、雪の降るような寒い中、
ツチタネさんたちと姫路から二日間参加しました。
播磨の地で育った新鮮なオーガニック野菜に、自家製ジンジャーティ、
オーガニックのプランター土、オーガニック素材のマクロビスイーツ。

黒大根、フェンネル、岩津ねぎ、フランス菊芋が人気でビーツや紅芯大根も皆様の興味
をひいていました。
また、こういった形で地元の農作物を使ったお菓子や料理を今後も作ってみたいなと思いました。

1325327538499.jpg

1325327540141.jpg

新鮮な冬野菜や果物、無農薬米、天然酵母パン、無添加ジャム、美味しいチーズや
加工食品にスイーツ!どれも生産者さんや作り手さんのこだわりが詰まった美味しい物ばかりで、
その空間にいるだけで楽しかったです。美味しいものに囲まれる時間というのは、なんとも幸せです。

1325327541550.jpg

出展者さんのこだわり食材が詰まったgraf フードカフェのワンプレートランチ!
良いですね、こういう生産者や作り手さんの美味しいを形にしたランチプレート。
25日のアフターマケットのパーティでも、出展者さんの食材を生かしたお料理が数々並んでいました。
考えたら贅沢!

もぐもぐパクパクの二日間で、買い食いに忙しい二日間でした。
夏より確実~にウェイトアップで、なかなか戻りませんが、まぁそのうちに。

ディスプレーや林檎がかわいい。女子はやっぱりこういう赤い実のものに惹かれます。
ドーナツをオーナメントに!面白い発想。お菓子の家みたいに、後で食べれるといいな。

滋賀ののんきぃふぁーむさんや、SOAPHEADさんなど、以前から気になっていた方たちとも
お会いできて良かった。

今年は以前から興味のあった野菜作りも叶って、さぼり気味ですがマイべジガーデンで育った
オーガニック野菜を収穫できるようになったり、野菜や土について今まで知らなかった事を
学べた1年でもありました。

先日収穫したベジたち。来年は、もっと色んな種類の野菜を育ててみようと思います。
人参が特に美味しかった!まっすぐに綺麗に根が伸びて上品な甘みの人参。

1325327544399.jpg

リトルフィンガーキャロット
黒大根
ゴールド蕪
姫路若菜
こぶ菜
サラダ菜
スピナッチ など


1325327542471.jpg

1325327543422.jpg

この日は、薪割りにも挑戦。
薪ストーブ用です。
昔はこうして、薪を割ったり柴かりにいって、炊事やお風呂の燃料となっていたのだなと思うと
エネルギーを無駄なく使う習慣が自然と身に付いていただろうなと思います。

そして初めて、しめ縄作りも一緒に。
もちろん、一人ですべては無理でご師匠さんに助けて頂きました。
立派な橙を中心に。良い年を迎えれます!

2011年は色んなご縁で、料理教室やイベント、お菓子作りにマーケットと声をかけて頂き
輪が広がった充実の1年でした。お世話になった皆様ありがとうございました。

2012年も、フットワーク軽く好奇心旺盛に、いろんな方の刺激を頂きながらよいところを
どんどん吸収して足元を固めていければなと思います!

来年も皆さまにとって実り多き1年となりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

Season’s Greeting

1324538286842.jpg

もうすぐクリスマス!2011年もあとわずか。
今年も色々な新しいご縁に恵まれた1年で、昨年からの目標や希望がひとつひとつ
形になってきた年でもあり、そんなご縁にとても感謝です。


今年を象徴する漢字は「絆」。
大震災、津波、原発と大きな悲しみや課題が押し寄せた1年でもあり、私たちひとりひとり
が色んな思いを巡らせ、その中で確かに「絆」というのを感じた人も多かったように思います。

先日、チェルノブイリ事故のその後のドキュメンタリーをみる機会があり、とても心に重かった。
それが、そのまま日本で起こるとは限らないし、そうならないことを願うのですが、そこにある
事実を重く受け止めて、体内被曝に対しても向き合っていかないとなと思いました。
被災地に住む、小さな子供を持つご家族、これから出産を迎えるであろう若い世代の方々の
ことを思うと、心が痛み、どう表現したらいいのか分らなくなりました。

自分にできることは食べ物に気を配り、食の方面から安全や健康のことを人と共有していく
ことなのかな。


1年の締めくくりの私の恒例行事も先日終了。
毎年焼く、ラム酒を効かせたドライフルーツやナッツがたっぷりのクリスマスケーキ。
1324538290783.jpg

今年は出来るだけオーガニックにしようと思い、ドライフルーツ類、ナッツ類、黒砂糖など、
オーガニック素材で焼きました。卵は今年はでんでんファームさんの平飼い卵を。
本当はただまき農園さんのを使いたかったのですが、間に合いませんでした。

そういえば、あの年のクリスマスには、あの人にプレゼントしたんだな。
あの人と一緒に食べたんだな。と毎年、この時期になると思い出します。
ラム酒の代わりにブランデーにした年もありましたし、初めの頃はラム酒とブランデー半々で
焼いていました。レシピも何度か変わりました。

クリスマスに開催されるファンタスティックマーケットでは、播磨のオーガニック野菜を使った
スイーツの予定です。右田農園さんの無農薬、無化学肥料で育った人参を使った、
オーガニックキャロットスライスは、全粒粉は、篠山でオーガニック小麦を栽培している方のものを。
柚子のクランブルは、地元の無農薬栽培の柚子を使った自家製マーマレードを使用したヴィーガンの
ソフトタイプのクッキーです。

きっと世界中で色んな方が1年を振り返っていることだろうと思います。
Wishing you a very Merry Christmas and thank you for 2011!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

薬膳教室

国際中医師&薬膳師の先生が大阪で開催しているマクロビ薬膳教室、10月末より
季節の養生コースもスタートしました。五臓のコースは11月で2回目です。
こちらの教室は、ほぼ口コミや紹介だけですがいつも定員いっぱいの人気教室で、
既にKushiや正食でマクロビを習得された方も多く習われています。私もその一人。

1320233048279.jpg

教室では、薬膳理論をベースに、調理法と食事法はマクロビオティックを取り入れていて、
素材を活かし、良いシンプルな調味料で旨みを引き出すというマクロビの調理法が活かされていて、
今までカバーしきれなかった、何故?の部分がなるほど!に変わっていっていきます。

薬膳も東洋医学も理論がとにかく興味深く、西洋医学的だったり栄養学的に断片的に捉えるより、
ホリスティックな捉え方はそこから更に根底の部分(人間の体(内臓)と自然との調和、その働き)、
何故それが起こるのかという要因を知る事が出来、説得力があります。
先生しかり、幼い頃から“何故、そうなるのか?”という哲学的になんでも思考するタイプの人は
ホリスティックに辿り着くのだろうと思います。

月に2回通学となり、時間の都合が難しく、料理の活動は11月、12月はイベントのみとし、
開催しているマクロビ教室はお休みの予定です。
来年から稼動するスペース作りの準備に時間をあてようと思います。

季節の養生コース
1320233051900.jpg

もち胡麻シソ梅ごはん
粟団子、しめじ、とろろ昆布の吸い物
長ひじき、人参、ピーマンの炒め物
野菜のピーナッツ和え
豆乳と林檎のゼリー 梨と柚子のソース

五臓のコース 「肝」
1320233032538.jpg

黒米と黒豆のごはん
長いもと黒胡麻の当帰スープ クコの実
イカとセロリの炒め物
人参、きくらげ、ピーナッツのしぐれ味噌
紅花と陳皮のゼリー ジュレのせ

肝臓は自律神経の働きに関わり、残り4臓の働きと関係するとても重要な臓器で、
感情の臓器とも呼ばれる臓器です。

冷えは万病のもとなので、寒くなってきましたが、腎や胃を温め、気・血のめぐりを良く
してあげて内臓機能の働きを正常に保ってあげないとなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

寒くなる前に北へ

クリスマスカードを書き始めました。
この時期、街に出ると、クリスマスソングや華やかなディスプレーにワクワクします。

冬もすぐそこ!なのですが、先日やっと秋冬への衣替えをしました。
しないと、しないと・・・と思いつつ後回しになっていて。

そして、秋にもう一度キャンプしたいね、と10月の初め、寒くなる前に岡山の北、
奥津にキャンプへ行った時の写真を眺める。

もう秋も終わりです。
そして年の瀬。1年を振り返る時期になってきました。
そろそろクリスマスケーキ用にドライフルーツも洋酒漬けにしないとです。

P1120071_2


P1120074_2


P1120079_2


P1120081_2


P1120102_2


P1120111_2


P1120125_2


P1120131_2


P1120134_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

ハーベストと加工

9月、10月は秋の味覚を収穫したり、それを加工したり・・・。
お山にはアケビや栗や柿が自生していて、秋の実りがあちらこちらに楽しめました。

友人の畑ではさつま芋、菊芋、里芋、しょうが・・・と一緒に収穫を!
その側にある私のガーデンでも元気にお野菜やハーブが育っていて、
家の裏庭に作ったミニガーデンにはハーブをメインにリーフ類がすくすく育ち、
大根やリーフの間引きをしました。

あんな小さな種から芽が出て大きく成長するのは、本当神秘的なものだと
自然というのは、なんとも芸術的だなと改めて思います。
アケビの鮮やかに濃い紫とか、彼岸花の燃えるような赤い色とか、草木が枯れて
朽ちていく錆びた美しい色見とか。
普段何気に目に映っているもの、どれをとっても、美しいなと思います。

収穫したさつま芋は、干したり、保存食にしたり、蒸して食べたり、ケーキにしたり。
今年、お気に入りだった”ふゆうまか”という南瓜はタルトやプリンや南瓜餡に・・・と
お菓子にも大活躍でした。
栗は栗ご飯、渋皮煮、スイーツと・・・。
イチジクや梨はジャムに。
ほとんど家で過ごす時間がないのに、家にいるときは大抵キッチンにたって、
何かを作っているような気がします。
買っては読めていない本も積み重なってきて。

これからは根菜が美味しいシーズン。
秋や冬は保存食作りにばかり目がいってしまいます。
今年はお味噌作りもしたいな。


1320234684208.jpg

1320234671234.jpg

1320234686921.jpg

1320234689895.jpg

1320234693046.jpg

1320234699552.jpg

1320234704309.jpg

1320234712901.jpg

1320234719204.jpg

1320234721805.jpg

1320234724763.jpg

1320234728260.jpg

1320234730964.jpg

1320234735530.jpg

1320234739257.jpg

1320234742896.jpg

1320234746562.jpg

1320234750217.jpg

1320234772386.jpg

1320234775706.jpg

1320234795597.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

夏の日々~キャンプ

楽しいサマーシーズンは過ぎ行くけれど、楽しい思い出はいつまでも残ります。
大好きな夏、また来年会おうね。

今年の夏は兵庫の北の方に行ってきました。大人になってから初めてのキャンプ。
オーストラリアでも色んな場所に旅に出かけましたが、キャンプは子供の頃に
入っていたYMCAのクラブ以来。

P1110578


P1110580


P1110586


P1110589


P1110592


朝早くに姫路を出発し、加美町に向かいます。途中、鳥取境で湧水をみつけてよってみたら、
思わず水博士に遭遇して、情報収集できたり、小代までのショートカット
(ここ通り抜けて山越えてすぐですよ~)を教わったり、こういうアンイクスペクトな偶然が楽しい。
静かな車の通りのない自然の中を抜けるのも、すごく気持ちいい。

道の駅に寄って、ぶらぶらみてお買い物して。
日本での車の旅は、道の駅とかに寄るのも楽しみのひとつ。
オーガニック黒豆やブルーベリーを使ったアイス屋さんがあって・・・
とても暑いからすぐ溶けていくアイスはなんだか懐かしさを感じて。
子供の頃を思い出すのかな。

まだまだ色んな田舎景色が私の目には新鮮で・・・
あ!棚田!
美しいなと思い、日本の美しい景色がずっと残っていきますようにと思う瞬間。

P1110595


P1110597


P1110599


P1110601


キャンプ場への道中、和池の大カツラのある但馬高原植物園でピクニックランチ。
1000年のかつらの木、そして湧水。とーっても冷たくて清々しい。
茂る緑の中は天然のクーラーで心地よく過ごしやすい。

P1110611


P1110605


P1110613


P1110602


P1110614


平日ということもあって、キャンプ場は、ほぼ貸切状態!
益々テンションもあがります。
まずはテント横のテーブルでアフタヌーンティして一息して、景色を眺め
お山を散歩、土が真っ黒!
キャンプへは玄米おむすびと天然酵母パンのサンドイッチ、産みたて卵のゆでたまご、
マクロビブラウニーをランチとおやつに持参して、夜は野菜とひよこ豆の玄米タイカレーと
オーガニック林檎酒を頂く。
材料は朝摂りの自家製オーガニック野菜と汲みたての湧水。
キッチンは自然に囲まれたアウトドアの中。そういう環境にいることがとても心地よくて
一瞬一瞬が楽しかった。
外で空気を感じながら・・・シンプルだけど、とっても豊かな食卓。

P1110623


P1110624


P1110625


P1110634


P1110641


P1110644


P1110646


P1110650


P1110657


夜は真っ暗になるからテントの中も、もちろん真っ暗で・・・。
そうか、昔の人はこういう生活をしていたのだな。
暗くなるから寝るしかなくて、朝早くに目覚め、太陽と共に活動をする。

朝はライ麦の天然酵母にジャム、残りもの、珈琲を湧水を沸かして淹れてシンプルに
外のテーブルで頂く。
同じ流れで、ランチの準備。なんてことないランチ。だけど豊かなランチ。

キャンプ場からの景色を楽しみ、
かけ流しの村岡温泉で昨日からの疲れを洗い流し、
蝉の鳴き声を聞きながら猿尾滝に向かい、緑と滝の流れをバックにランチを頂く。
幸せだなって思う瞬間がいっぱいの2日間で、この瞬間もそうでした。
ライ麦パンにスライスしたトマト、バジル、きゅうりを無造作にのっけてEXVオリーブオイル
をたらして、無造作に食べる。

P1110661


P1110665


P1110673


P1110674


P1110683


P1110686


P1110690

長距離バスに48時間も一人でゆられた初めての一人旅は10代の頃、
同じ年に一人旅のパースからの帰りに飛行機に乗り遅れて焦ったこともあった。

オーストラリアでの学生時代には、安宿に泊まりながら色んな旅をした。
車をレントして、長距離移動で数週間かけて旅した実り豊かな旅、
皆既日食を見よう!とアデレードの北の砂漠まで日食をみにいったこともあった。

ちょっと背伸びしてラグジュアリーなホテルなんて泊まったりもした若かった頃もあったし、
リゾート地でリゾート三昧な生意気な旅をした学生時代もあった。

日本でしっくりと大人な温泉旅行を楽しんでみたり、
由緒ある古い旅館で美味しい食事と旬を楽しむ旅もあり、
それに飽きたら、また安宿探して思いついた場所へ一人旅をしてみたり。

この数年は、日本がしんどくなったら近場のアジアに旅に出たりメルボルンに里帰りしたりもした。

旅にでると、何か発見があり、思い出が増えて、心が豊かになる。

P1110707


P1110712


P1110714


P1110719


キャンプ翌日、放牧の牛さんをみたら、なつかしくなって色んな事思い出しました。

帰りに少し迂回して、前から気になっていた養鶏場「そら豆農場」を訪ねました。
こうして生産者の方の現場を訪れるのは、私にとってとても良い経験になります。
意識の目も変わってくるし、百聞は一見にしかず・・・で現状をみるということは大切。
そのとき、何もわからなく、何もなかったとしても、いつか何かに繋がるのだと思う。

とっても充実な1泊2日の夏の旅。
また思い出が増えました!
翌日・・・旅のお土産を広げてみて、汲んで来た湧水でお料理をして。
帰ってからも楽しみがまっている。

P1110724

今年の秋に・・・また行けたらいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

夏の日々~海水浴

女3人で岡山の牛窓に海水浴。
海は、去年の鳥取、広島依頼1年ぶりかな。
日本での海水浴は・・・
何年ぶり!?
記憶にないくらい。

お尻の一部だけ、日焼け止めを塗り忘れたようで、
そこだけこんがりと焼けました。

日本では、何故みんな水着姿ではないの??
海にいったら、焼けるの覚悟でおもいっきり楽しみたいな☆
開放的に!

P1110539

P1110556

P1110558

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

ピクニックの過ごし方

P1110510


P1110506

マクロビご飯とスイーツもってピクニックへ。
大好きな過ごし方のひとつ。

お弁当に詰めてみたり、
籠に盛ってみたり・・・。

今日は和食で、
今の気分は中華で。

夏ですので、時にはカレーピクニックがあってもいいんじゃない?


1313455834900.jpg

1313211601398.jpg

1313211643708.jpg

1313455858004.jpg

1313211615813.jpg


夏だけど、焼き菓子がやっぱり好きだな。
食べる・・・というより作るのが!

1313211619770.jpg

1313211622800.jpg

1313211626468.jpg

1313455861154.jpg

夏、色鮮やかな草花たちが目を楽しませてくれる。
大好きなお花のひとつ、ひまわりは元気をくれるし、初夏の紫陽花も美しかった。
お山に行くと、そこらへんに咲く草花を摘むのも楽しいから、空き瓶にちょっと活けてみたり
そういうのでハッピーがプラスになるな。

1313211633718.jpg

1313455855343.jpg


最近、自然のある場所に行くと、改めて思うのが自然って芸術的で美しいなと思う。
そして、元気をもらい、この自然を絶やしたくないなと思う。
採れたてのお野菜で料理すると、心から嬉しいし、美味しい。
10代とか若い頃にはなかった感性、年齢と共に研ぎ澄まされていくのかな。

1313211628960.jpg

1313211636662.jpg

最近、家の裏庭とは別でスペースを借りて(裏庭はまだ全然進んでないのですが・・・)
お野菜はこっちで育てて、裏庭はハーブをメインにしようと思っています。
といっても・・・レイジーな私ですので一人では進まない現状。

1313211640164.jpg

1313211646168.jpg

夏の風景は爽やかで、そして懐かしい気分にさせてくれる。
秋にはどんな顔が見れるのかしら?
冬、春は?
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

頂きもので・・・

1312431591362.jpg

無農薬野菜などを頂いたときなど、最近時折作る保存食。
保存食を作るときは、お料理と気分のトーンが違う。
なんとなくゆったりのやさしい空気がまとい、丁寧な気持ちになる。

1312431612348.jpg

理想としては、出来る限りのものは季節の折に手作りで・・・という暮らしがしたい。
お野菜がたくさん出来たらソースや干し野菜やピクルスに旬をとじこめたい。
1年のお味噌は冬に仕込み。春は山菜を瓶詰めにして保存し、梅雨時期が来ると梅仕事がはじまり。
ハーブの時期にはお茶やソースで楽しみ。木の実でペーストにしたらパスタを楽しみたい。
乾物をたくみに使って食卓にもう1品飾る。
地味だけど、手間暇かけたシンプルな食卓が私の理想です。

自家栽培のお野菜を頂いたり、ガーデンに遊びに行くようになって、
その土地の旬を土の上から知る事ができ、とても勉強になっているこの頃で、
本で学ぶより、この方が説得力があります。

ビーツをたくさん頂いたときは、ピクルスにしたり、レリッシュにしたり。
ブルーベリーはソースやジャムで。
赤紫蘇は紫蘇ジュースに。

1312431606581.jpg

1312431609563.jpg


1312431615552.jpg


もちろん作業に時間はかかるけど、野菜をひとつひとつ洗ったり、鍋でことことを覗きこんだり、
保存瓶を熱湯消毒するのに集中したり・・・そういう無になれる時間が心地いい。
昔の人にはあったけど、今の私たちの日常からは消えゆく、メディテーションとなる時間です。

裏庭のガーデンは小規模なので、少しのお野菜とハーブを植えることにして、
お山にあるべジガーデンの一部を借りて、お野菜を作ることになり、たねの森で注文です。
近くに農に関わる先生もいるので心強く、私は交換にお料理レッスンを!
素材をクリエイトする先生と、クリエイティブな素材を調理したい私。
憧れのオーガニックガーデンのある暮らしに少しづつ近づくこの頃です。
お料理レッスンやスイーツを、ベジガーデンのお野菜やハーブを使えれば、とワクワクしながら。


1312431618097.jpg

1312431621002.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧