2011年11月21日 (月)

ヴィーガン 焼き菓子

03

親子の交流の場として母と子のサロン、教室開催や読書会など楽しい
活動をされている「たんぽぽの家」さんのリース作り教室にyukashiの
お菓子を納品させて頂きました。
子供に与えるお八つは、こういうものを・・・というお話をお伺いし、
活動されている趣旨などを拝見していると、アウトプットのスタイルは違
えど、通ずる部分があり、今年に入って、こういう素敵なご縁に恵まれて
いることをありがたく思います。

この度お母さんとお子様用にお作りさせて頂いたのは、
02

有機素材のさつまいもクランブルタルト
クランベリーとレーズンのビスコッティ
きな粉の動物ビスケット 

01

バターや卵不使用のヴィーガンタイプの焼き菓子に、オーガニック
メープルシロップや甜菜・キビの含蜜糖で控えめに甘みをつけ。さつま芋、
ナッツやフルーツ、全粒粉、ココナッツオイル・・・とオーガニック素材を
ベースにした、小さなお子様にも安心して頂ける素材の甘みをいかした
おやつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

Harb & Living Soil

1319196369910.jpg

Living Soil Instituteの西山さんによる、ナチュラルハーブSoraliでの土のワークショップ。
西山さんから「土のおはなし」をレクチャー頂いた後に、コンポスティングされた土をつかって
参加者、皆で各自のハーブの植えつけをしました。

Yukashi_2

ワークショップでは軽食に、私のyukashiからはマクロビのきのこと根菜のお豆腐キッシュ
とオーガニック胡桃とイチジクの天然酵母パンをサーブさせて頂きました。
どちらもヴィーガンで、動物性なしのレシピで仕上げてみました。
もちろん、Soraliさんのハーブティと共に。
エルダー、レモングラス、ラベンダー、アニスのブレンドです。

当日のワークショップの様子はSoraliさんのブログにアップがあるので省略しますが、
私もちゃっかりと参加して、一緒にレモンバームを植え付けました。
裏のガーデンも蕪とミックスハーブ、5-6種類のハーブを植えていて、すくすく育っています。
お山のガーデンでは、何種類かな?10種類以上のお野菜やハーブを先月植えました。
土は裏庭も、お山のガーデンも、西山さんの土です!

この真っ黒でふかふかの生きた土を使っていると、全くの素人の私でも、ファーミングには
土作りが大切なのだと日頃言っている事が実感として伝わってきます。
裏庭にコンポスティングを入れて数カ月・・・。
雑草はほとんど生えてきませんし、種を植えれば芽がすくすくと育ち、保水力があります。
この土以外は、ほとんど手を加えていません。お水も雨にまかせて・・・。

最近、気になっていた野菜の硝酸態窒素について少し勉強して、改めて使う堆肥について
考えさせられたのだけど、こういう目には見えない、伝わりにくい事実に対して、どうやって
皆の意識の目を開いてもらうことができるだろうと考えます。
実際に、測定器を使って、慣行野菜、有機野菜、無農薬野菜、西山さんのガーデンベジ
の窒素濃度を測定したのを見ましたが、数字にくっきりと表れていました。
野菜の硝酸態窒素は、その発がん性、また栄養吸収の阻害などの問題があるとききますが、
見た目、匂い、味・・・では分りにくい。
目に映らない、すぐに結果として出てこない事実に関しては、多くの人は目が向かないし、
アンテナをはりません。

神経質になる必要はないと思うけれど、色んな矛盾が潜んでいる現状。
正しい情報が多くの人に伝わり、各自が意識をもって食を選んでいく世の中になって行って
欲しいなと思うし、それを伝えて行く人は今の時代にとても大切だと思っています。

サステイナブルに対して意識の高い(未来人というのかな?)人々と一緒に何かが出来ることは、
何より自分にとっての肥やしとなっていっているように思います。

来週は、神戸、岡本のミドリカフェで、土のワークショップ「おいしさは土から」があります。
野菜の栄養価、美味しさ、それはどこから来るのだろう。
レクチャーの後はグループディスカッションの時間も設けられているそうで、視野がぐんと
広がっていく時間がもてそうです!
私たちが身近に出来るグリーンウェストの利用法も影響を受けてくださいな。

10月28日 (金) 18:30~21:00
参加費 1500円 (1ドリンク、資料、お土産の土)


最近は、沢山頂く秋の味覚をせっせと保存食にしたりもしていました。

1319196386750.jpg

栗の渋皮煮。こちらは第1段。
先日1キロの第2段を作りました。
芋は干し芋に、生姜はプリザーブドに。
干し柿は、母に作ってもらって今つるされていますが、出来あがりが楽しみ!

1319196390174.jpg

こちらは、ごまの収穫!
生まれて初めてみました。こんな気の遠くなるような作業・・・。
国産有機ごまが高いのに納得しました。
栗もそうですが、ひとつひとつ皮をむいて時間をかけて調理して・・・手間暇かかりますが
それが本来の姿。だから大事に味わって頂く。
旬の食材を味わう日々を過ごしていると、自然界への愛着へと繋がって行くのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

おっこ食堂の重ね煮教室

ブログのアップが一ヶ月以上も空いて、ログインIDを忘れそうでした。

8月末から9月いっぱいはプライベートや仕事の用事が色々重なって、なんだか
バタバタと慌ただしく過ぎてしまい、お月見の綺麗な満月をゆったりと楽しむ
こともできなく、忙しく時間に追われる生活はダメだなぁと改めて思ったのでした。

10月後半から、また仕事は通訳ウィークになるので、きっとまた忙しくなって余裕が
なくなるので、今のうちにお料理を楽しんだり、人と会ったり、本を読んだり、
漢方や薬膳の勉強したり、遠出してみたり・・・とプライベート重視でバランスを取ろう
と思います。
そんなバタバタ~な日々でも楽しむ時間は大切なので、割と出歩いたり、遊びにいっていました。

9月といっても、まだまだあつーい日。
神戸の兵庫区にある豆と重ね煮料理のお店、「おっこ食堂」の重ね煮料理教室に参加してきました。

011

オーナーさんは、重ね煮で有名な、岡山の「わら」、大阪の「いんやん倶楽部」でお勉強された
経験があって、昨年から参加したかった教室です。

蒸し煮、重ね煮の調理方法は、マクロビオティックの調理でもよく使われます。
おなべの中に野菜を入れ、水を 入れずに弱火で蒸す調理法で、例え少ない調味料で
シンプルな味付けでも、素材の旨みを引き出せば、それがプラスのエッセンスとなり、
調和の取れたじんわりと美味しいお料理になります。

012

暑さで途中、集中力散漫になりながらも、説明になるほど~と新しい発見があったり、
さつま芋のコロッケや豆乳スープ、サラダ、白和えなど、ひとつの重ね煮からのアレンジを
楽しんだり、充実なレッスンでした。
習った甘酒ドレッシングや、重ね煮は帰って早速作ってストックして日々のお料理に活躍でした。

この日は、レッスンが終了してから魚住の無農薬農園に移動し、10月から頼まれている
マクロビ教室の打ち合わせに。
病気の方へも対応する内容のレッスンをされているようで、益々勉強がんばらないと、
と気持ちも引き締まりながらも、時間の足りなさに焦りを感じたり。

決まった時間の中で出来るコトは限られているので、自分のペースを知って
スローダウンでゆったりと挑めるようになりたい。

この1週間後は、出張料理教室のため鳥取に1泊2日滞在したのですが、ドライブしていると、
山景色をバックに車道の脇に背高く伸びたすすきが風にゆれるのが目に留まりました。
子供の頃、あれをひっぱって抜いて、遊んだなと思い出し、昔当たり前だった風景は、
今はこうして懐かしさを感じさせるほど日常に溶け込んでいないことに、はっとさせられました。

そのまた翌週末は、また別のマクロビ教室を姫路で開催しました。
町屋カフェしょうあんさんが、古いアパートを改装しレンタルスペースとして再利用する場所
をお借りしお料理教室をしました。
メルユニ時代からの友人で今はカナダに住むYちゃんが帰国時に参加してくれて、
5-6年ぶりの再会で懐かしく昔話を沢山してメルボルンが恋しくなってしまいました。

10月は姫路での教室はお休みをして、魚住での農園でのレッスンのみの予定です。

8月は、末に姉がメルボルンで元気なベイビーボーイを出産し、私も叔母になったわけ
ですが、まだまだ実感がわかず、日々こうして自分のやりたいことをして、
好き勝手させてもらっているのですが、姉の両親への感謝の手紙やメールをみると、
姉は人の親になったのだなぁと思い、私は別の意味で地を固め、今やっていることを
形にして自立していかないとなと思います。

先週末は、寒くなる前に・・・と岡山の北部、山の方にキャンプに出かけてきました。
自然の中にいるのは、エナジーチャージとなって気分転換になります。
色んな秋の味覚の食材も目にし、初物の椎茸や山芋も購入出来て、またお料理に
活かしていきたいな。
今日も今からお山に、9月に種まきした野菜やハーブの様子をみにいってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

土に聴く

1311598691591.jpg

お城の近くの町屋カフェ、しょうあんさんで、野菜とハーブと土のイベント紡ぎ市が7月30日(土)にあるそうです。
地元若手オーガニックファームさん達のお野菜の販売、Soraliさんのハーブティ、
Living Soil Institute
の西山さんの土のお話、手作り竹ぼうきのWSなど。
姫路近郊に在住の方は足を運ばれてみてはいかがでしょう。
私は友人を連れて伺う予定です!
オーガ二カリーなことには無縁な友人の反応が楽しみ、しょうあんさんのカレーランチも楽しみ。

少し時間にゆとりが出てきたので、ベジガーデン作りを週末より再会しました。
さすが体感覚型タイプの私。
とりあえず一度やってみた方が、本を読むより、人より教わるより学びやすい。

家の方のミニガーデンでは、少しのお野菜とハーブを育てようと思います。
良い土が入って、植物もうれしそう。
今週は、秋、冬野菜用に何を植えるか考えて、プランターで苗作りの準備をしようと思います。

先週末に、ただまき農園さんと、右田農園さんに連れていってもらいました。
これからは、右田さんにお野菜を頼もうと思っています。
おふた方もイベントに参加されるそう。お野菜や卵、パンなど・・・楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

アースディ神戸と多様性 Part 1

1306930119741.jpg

雨の中、買ったばかりの母のレインブーツを借りて相楽園でのアースディ神戸に行ってきました。
雨の日本庭園は美しく、ピアノ演奏もよりしっとりとした雰囲気。

1306930133519.jpg

アースディのようなイベントやフェスは心地よくてこだわりのある出展者さんばかりなので楽しい。

傘をさしながらの荷物は大変なので、買物を控えながらもエコバッグ2つが
パンパンになってしまいました。

1306930143234.jpg

集めたお店のショップカードを翌日、ひとつひとつ見直して整理してみる。
それ程時間があったわけではないので、全部は見れてないけれど、
行ってみたかったお店のブースもまわれて楽しかった。

1306930137530.jpg

やっぱり食材や食べ物関連のお店メインになるんだけど、ココウェルさん、
おっこ食堂さん、Café Honey Ant さん、Jinen Anさんなどは、特に心地よく
印象に残ったお店でした。兵庫のおっこ食堂さんの重ね煮料理と教室は、
もう1年位前からずーっと気になりつつも、なかなか縁がなかく、
この日もランチは売り切れでがっかりしていたら、一緒に参加した友人のYさんが
たまたま知り合いで、余っている重ね煮の根菜サラダ
に甘酒ドレッシングを絡めて試食させてくれました。これが、本当に美味しかった!

ちゃっかりとワークショップのスケジュールを聞いて、早速予約もしました。
6月12日の陰陽五行講座とランチ、楽しみです。

お腹をすかせた私とIzuは結局、天然酵母パンとスコーンとチャイと塩たこやき
を頂きました。って、やっぱりチャイと粉もん!
チャイはネパール料理のkukuriさんで、パンはべジメリーさんと、Suuさんで、
スコーンはniji caféさん。それぞれこだわりがあって美味しかった。café honey antさん
の豆のヴィーガンタルトは夕方お腹がすいて、つまみ食いしたのだけど、
初め植物性素材って気付きませんでした。

ヴィーガンのお菓子は、ヘルシーというだけでもひとつだなあっていうのも割りとあって、
美味しいのを作るのって工夫と丁寧さが必要だというのは、私がマクロビスイーツの
商品開発をしていたときに感じたことだったので、このタルトはヴィーガンスイーツを
食べなれていない人でも美味しいと思うだろうなって思いました。
お店は京都だからもっといろいろ買っておけば良かった。

パクパク、もぐもぐ・・・、たこ焼きを手に持って私たちは次の目的地へ移動です。

Part II へつづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

ドライブ

1305541189716.jpg

今年の春はまるで冬の延長線上にのっかかってるような春でした。

4月のある日、
この日はシトシト雨の振る日で、沖縄に飛び立つ友人としばしのお別れに、
加西市にあるふく蔵でフェアウェルランチ。
富久錦酒造がオープンしたお店で、遠方からのお客様も多い。
お料理とお買い物が楽しめます。

加西まで車で30~40分かな。
普段、行く機会のない地域だけど、ぽつぽつと気になるお店をみかけ、
ドライブ中に目に入ってくる田畑の風景やあぜ道に咲く野花がとても印象的だった。

積もり積もった話をたくさんして、今度会う時は、どんな報告ができるかな。
お互い、今年は過渡期になりそうです。

1305541201333.jpg

私たちは、やっぱり生湯葉とお豆腐膳を頂く。
出来たてのお豆腐、とっても美味しかった。
原酒で作る梅酒のワークショップもあるので、6月申し込もうかな。


次の約束に向かう途中、fuukaさんの蚤の市によって、1輪挿しをふたつ買いました。
兵庫の在来種を守っている方や、パーマカルチャーをされている方と出会い、
土作りに取り組んでいる方など・・・、お話をしていてわくわくとしました。
帰りに栄養たっぷりな真っ黒な土を頂きました。
今週、ハーブや野菜の有機種が届くので植えるのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

多国籍料理

1305199056264.jpg
 

この度のメルボルンtripで刺激されたコトのひとつが”食”です。
オーストラリアは移民の国。特にメルボルンは170カ国あまりの人が住む多民族・多文化な街で
各国料理や豊富なめずらしい食材が気軽に楽しめる、フードラバーズにとってはエキサイティング
な街です。

私は特にモロッコやミドルイースタン料理が好きで、日本に戻ってくる前は恋しくなるであろう
ターキッシュパン作りのワークショップに参加して帰ろうと思いながらも、今回も実現しませんでした。
レバノンやターキッシュ系の豆やスパイス、ドライフルーツが所狭しとあるグロッサリーのあの
雑雑感も妙に好きだった。

日本に帰国して、それらが身近でなくなったコトや風土的にハーブやスパイスたっぷりのクジーン
をそれ程欲しなくなったこともあって、なんとなく着かず離れずのこの1年半でしたが、今回の
ヴィズィットでまた熱が再沸です。

RumiMoroccan Soup Barには行けなかったけど、
カフェでターキッシュパンのファラフェロサンドや(Tちゃんもパーティで作ってくれた!)
St.KildaのClay Potでモロッカンスタイルのクスクスとお魚のポット料理、姉の旦那さんが
モロッカンスパイスのBBQをふるまってくれました。

P1110238


P1110384


Img_0072


1年に1回、Foodie Tourという感じでメルボルンに訪れても良いくらい、アイデアや刺激に
なります。

P1110166

P1110169

Lygon St.を散歩していたとき、去年オープンしたというキュートなスパイスショップGewurzhaus
(HPにレシピもあります)にばったりとあって、モロッカンスパイスミックスやオーストラリア
のピンクソルトなんかをちょこちょこ買い、立ち寄ったセレクトショップのHuskで一目ぼれしたかごバッグもモロッコのもので。
キッチンウェアショップで気に行って手に取ったものは、ステンレスのカレーボール・・・と
魅かれるモノがモロッカンな感じのものが多かく、スパニッシュなんかでも使われる
素焼きのクレイプレートも結局買い足しました。

1305199076335.jpg
 

カレーボールは、もちろんカレー以外でも使えそうで、母も随分気に行ってお互い必要個数
買って帰りました。メルボルンに行ったら、EssentialBisonを覗こうと思っていて、いくつか
無理ない数のキッチン用品や器も持って帰ってきました。お料理が益々楽しい!

昨日は、義理の妹のチリ出身のパートナーが作ってくれたヴィーガンのワカモレ↓

P1110147

材料だけ聞いて、見よう見まねで作ってみました。

母は早速インドチキンカレーを作り、ボールデビューとなり、母がメルボルンで購入した
キッチンウェアも登場。私はVeg料理担当です。ワカモレは、アボガドの種をいれたまま。
種をいれたまま混ぜ、こうして置くと時間がたっても色が変わらないそうです。
彼のお婆さんが教えてくれたそうで、そういうストーリーは聞くとわくわくする!
最近、また食べ始めたクコの実をブラウンマッシュルームとズッキーニのバルサミコソース
の温サラダに混ぜてみました。

1305199071301.jpg
 


ここ数日は、関西でモロッコやミドルイースタン料理を習える教室をグーグッていたりで、
タイムリーにポンちゃんのブログでは、レシピ本のmoro cookbookが紹介されていて目が♡に。

ハーブやスパイス料理の幅を広げたいこの頃です。
やっぱりモロッコへ旅したいな。
何年か前に出会ったl 'hawaa はモロッコ雑貨のセレクト
ウェブショップで、雑貨やブログにあるモロッコ旅行記を眺める。美味しそうだなあ。
コンビニ行くように、旅☆でかけたい!

トップ画像は庭でとれたミントのミントティ。
昔メルボルンのモロッコ雑貨店で買ったこのグラス、ワインの普段飲みにも使ったりなので、
かなりはげてきています。

キーワード・メモ
-メルボルンのモロッコ雑貨店
Kasbah
metroscope
-お料理教室
友兼由子
稲美町国際交流センター
-レストラン
Bab Rikah(神戸)
カスピアン・カバブ(姫路)
-グロッサリーショップ
Biniwale Shop(神戸)
コウベグロッサーズ(神戸)

今日は、帰りにカルディによって、アジアン食材やオイル、フェタチーズなどを。
今晩のディナーの1品は久々タイのパッタイを作りました。
母が用意したものは高野豆腐の挟み蒸し銀餡、揚げ茄子の煮びたし、シトラスリーフサラダ
ということで・・・なんだかまとまりのない食卓でしたがエスニックフード熱まだまだ続きそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

La Buona Forchetta

1303396130419.jpg

前から気になってたお店、やっと行ってきました。
La Buona Forchetta店内もカジュアルすぎず、シックすぎず、好きな雰囲気。

Entree platter, Prosciutto platter and Cheeze platter for entree,

Oyster and spinach creamy pasta,
Squid and dried mullet roe spicy pasta and
Rum Schnitzerl
for main

Home baked bread and so on,

Here you go!

1303396139176.jpg


1303396143040.jpg


1303396145332.jpg


1303396147759.jpg


1303396152225.jpg


1303396156409.jpg


1303396160590.jpg

おなかいっぱい。
ねむーい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

Sourdough Bakery メモ

P1070677

昔の記事に、当時住んでいた近所で良く行くベーカリーのリストがありました。
Sourdough(天然酵母)系のベーカリーが多い。

メルボルン市内近郊のベーカリーカフェ

リンクが切れてしまっているので、

Dench

Gertrude Street Organic Bakery
ここめちゃ美味しかったのにwhere is it?

Kenead Bakery


Loaferは、多分Sugardough Bakeryに変わったとこかな。


なんだか、だいぶん頭から抜けていてショックです。
まだ一年半。
それだけ、この一年半吸収すること多かったのかな。

個人的には、帰国前はフィッツロイノースやイーストカールトンが好きなエリアで、
sugardoughが好きでした。名前の響きも好き。
Babkaフィリッパなどの王道ベーカリーも良く行ったな。
Richmond やBowyenにも何件か好きなオーガニック系ベーカリーがありました。

メルボルンのカフェとベーカリーがやっぱり好き。
ラテとハード系のサワードゥの日々だったあの頃。

画像はAbbotsfordのコンベントにあるchildren's farm
市内数キロ程にある穏やかな空気。
Convent Bakeryファーマーズマーケットの帰りにブランチしによく行ったな。

スペルト小麦のサワードゥが食べたいなあ。
スペルトって日本でも買えるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

丹波篠山 ドライブ

P1100919

同じ兵庫県内でも、小旅行な気分。
姫路から100km程、ここ何年か気になってはいたけど、なかなか機会がもてなかった丹波篠山。
梅や桃が満開でした。
桜は、まだ早いかな。

P1100920


P1100918

桜のおやつをどうぞ。


P1100922


P1100923


P1100924


昭和の空気が流れるほっとする懐かしさと、田舎暮らしを求めて移り住む
若い世代のヒトの感性が交じった古新しい街でした。

P1100930


P1100934

工業デザイナー喜多俊之さんの篠山ギャラリーkita's
素敵な空間で、器好きな私と母は、ウロウロ・・・ウロウロ・・・と小1時間見て回っていました。
作家さんとデザインのコラボの器も色々あって、どれもシュッとしたスマートなデザインで好み!

母は、有田焼のものを。
私は、丹波焼のものを、それぞれ。
この日は、陶器市もしていて別の作家さんで気に行った器もあって良い買い物した日でした。
器を見ながら、何を盛れるかなあってじぃーっと考えていたら、『何盛るか、想像してはるんでしょ?』
って言われて、
Kita'sにあった、絵付けをしていない有田焼のものも格好良くて今でも気になる。
友人へのプレゼントも購入しました。器を選ぶのは楽しいなぁ。

P1100927


P1100926


P1100932


P1100933


P1100928


お豆の店!
気になるー。

P1100929

丹波産黒豆と・・・
白小豆!ここ数年出てきた、めずらしいものだそうです。初めてみた。
収穫が小豆よりも大変だそうです。

P1100935

ぶっちぎり大根という、切干
黒豆のおから
白小豆

同じ県内でも地元ではみかけない、めずらしい食材にも出会って
丹波産野菜も新鮮で豊富で、母と二人、野菜売り場でまたうろうろ・・・うろうろ・・・。
花もたくさん買って帰り、家中が花だらけになっています。

P1100936


P1100940


楽しかった~。
車だと1時間20分くらい、思ったよりかは近かったです。
よくイベントなんかもしてるし、オーガニック野菜のファーマーズマーケットも定期的にあるので
これからは、もっと気軽にいってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧