« おいしさは土から | トップページ | yukashiのお菓子 »

2011年12月17日 (土)

風邪の予防と乾燥対策

Img_0107

先月の薬膳の季節の養生コースは、体を温める辛味(薬効)と潤い食材のバランスで、
胃を温め、余分なものを排出するメニューでした。

黒米、黒胡麻、松の実のご飯
ごぼう、サツマイモ、粟のほっこり味噌汁
キビと蓮根もちの磯部巻き からし醤油
水菜、白きくらげ、菊花の林檎和え
ひじき蓮根

気になる食材では、美肌食材の白きくらげ、血液浄化、呼吸器潤い、造血、胃腸整調効果の
蓮根。
そして、雑穀は、マグネシウム、亜鉛などが多いのでミネラル吸収をアップしてくれるそうで、
やはり雑穀は使いこなせるようになりたいな~と思いました。

レッスンでは、改めて食べ物と食べる量を考える、ということを思い。

食べる=自分では作り出せないものをいただく、ということで、
質の高いエネルギーを持つ食材=自然環境で育った旬の食材を必要量頂き、
生命力を高める食べ方をする、ということが大切なのだと。

そして、今回も熱について・・・。
造血と熱・・・このあたりがやっぱり気になります。
熱が少なくなる=「冷え」は脾による消化吸収の働きを低下させ、脾の働きである気と
血を作り出す力も衰え不足に繋がるそうです。
なので、腎を冷やすということは、生命力が浪費され、あらゆる尾らブルの原因や老化、
むくみを作ります。冷えのイメージとしては、体に保冷剤をつけているというような感じ
だそうです。なんとなくリアリティのある例えです。

マクロビは五感を使う料理法で、何をどのように調理し、どのように食べるかが大切と
いわれています。
改めて、食材、調理法、食べ方のバランスの大切さについて気付かされました。

こうして、知識を増やし、頭で色々考えてみるのですが・・・
そんなこんなをごちゃごちゃ考えず、自然となんとなく・・・それが当たり前の感覚を
身につけたいものです。

|

« おいしさは土から | トップページ | yukashiのお菓子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/43178844

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪の予防と乾燥対策:

« おいしさは土から | トップページ | yukashiのお菓子 »