« 薬膳教室 | トップページ | マルメロ 料理教室 »

2011年11月30日 (水)

りんご園

Img_0091

兵庫の奥地に林檎狩りに行ってきました。

林檎狩りがメインのイベントではなかったので、木になっている林檎は残りわずかでしたが、
ほんのり赤く染まった甘い実が木に熟れているというのはなんとも可愛らしい光景でした。
山も落葉樹が紅葉し始め、綺麗。

林檎も沢山買って帰り、アップルパイ用に加工したり、林檎のヴィーガンケーキを焼いたり。
Img_0109

オーガニック林檎というのは、日本では希少らしく、家で注文する林檎も減農薬のものとなり、
なかなかオーガニック林檎は食べられません。
オーストラリアでは日常食として、そのままパクパク、皮ごとジャムに焼き菓子に・・・と
林檎好きには良い環境でした。

食べられないのなら・・・林檎の木を植えてオーガニックで育てたら良いのでは!
なんて思ってしまうのです。
帰りに一ノ宮でオーガニック農業をされている楽農舎さんの畑に立ち寄り、
作っているお野菜や原木しいたけ、きのこ類を案内して頂きました。
この原木しいたけ、全て手作業で、そして数年で木は朽ちてしまうそうで
(土のように、パラパラッと崩れました)、そうすると木を切って、組み立てて・・・から
作業が始まるわけで、こんなにも手間隙かかる大変な作業とは知らなかった。

お土産にジューシーな岩津ネギと肉厚なしいたけやきのこたちを頂き、
土鍋できのこご飯を作って、ネギと椎茸は道の駅で買った、手作りこんにゃくや麩と一緒に
甘辛く炊き、なめこはお味噌汁に・・・と美味しく頂きました。

お山のガーデンのべジたちは、鹿に食べられながらもスクスク育っています。
Img_0095


Img_0098


ジャガイモ、白菜、ビーツ、などなど楽しみだった野菜たちが被害に。
オーストラリアのオーガニックの種のリーフ野菜(パープルなんとか・・・)は、柔らかいのに
繊維がしっかりとして食べるとシャキシャキ感があり、サンドウィッチにいれてもべチャッとならず
気に入っています。

黒大根や蕪もそろそろ育ってきて、蕪の葉はジェノベーゼにすると、とても美味しかったです。
こうして日々、自然の恵みをおすそ分け頂いていますが、先日行ったりんご園の方が、
山であるにもかかわらず鳥の鳴き声をしないこと、澄んだ川であるにもかかわらず魚が泳いで
いないこと・・・などお話されていました。
ガーデンのベジを狙って降りてくる森の住人たちにしてもそう。
生き物たちとの共存について考えさせられたのでした。

|

« 薬膳教室 | トップページ | マルメロ 料理教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/43177877

この記事へのトラックバック一覧です: りんご園:

« 薬膳教室 | トップページ | マルメロ 料理教室 »