« マクロビ・季節野菜料理レッスン | トップページ | Harb & Living Soil »

2011年10月18日 (火)

マクロビ薬膳教室~五臓の養生コース

10月からスタートしたマクロビオティック薬膳研究会の薬膳レッスン。
五臓の養生コースと、季節の養生コースのW受講でこれから約半年間月に2回
大阪の谷町6丁目まで通学です。
正食は4丁目にあったので比較的ご近所さん。

7丁目には、2年前「だし教室」に参加した上質な昆布屋さん“こんぶ土居”があるので、
レッスン後、お店に寄れるのがうれしい。

五臓の養生コース、第1回目は「腎」について。
講義では中医学(漢方)でみる腎臓の働きについてレクチャーがあり、実習では腎を養う
薬膳料理を習いました。

五臓とは木火土金水(もっかどこんすい)の五行の概念でいうところの、
肝(木)、肺(火)、脾(土)、心(金)、腎(水)で、
腎は水の代謝全てに関わっている重要な臓器です。
陰陽五行の概念は古代人が生活の中で観察し、2千年の歴史の中で作り上げた万象を
説明する概念で、生活につかさどる5つの物質(元素)によって自然、人間、社会は構成され、
一定の循環法則に従って変化するという学説です。
難しく捉えがちですが、理に適った興味深い説なので、これから理解を深めて日常に
取り入れていきたいです。

さて、「腎」は何年も前から私にとって一番関心の高い臓器で、「肝腎(心)要」(かんじんかなめ)
という言葉は、これらの臓器の重要性から生まれた言葉でもあります。

講義の復習をすると、「腎」は
体の陰陽の基本である
水の代謝全てに関わる
生命力を現す
腎の精が豊富であれば、病後の回復も早い

メルボルン時代に通っていた漢方医であり鍼灸師でもあるサム先生は、よくオーストラリア人は
腎を弱めている人が多いと言っていました。
服からお腹が肌けていたりで腎を冷やしたり、生殖器官とも関わりがあるので過剰な性行為は
腎の精を衰退させるとか。
腎は、成長、発育、生殖に深くかかわりがあり、腎が精を封蔵することで生命現象が成立するそうで、
日本人は世界的にみて、性行為が少ない人種と言われていたり、現代は不妊に悩む人が多いのも、
栄養、ストレスなどによるエネルギー不足など、中医でいう腎の精や陰陽のバランスが崩れるのが
原因あるのかなとか思ったりもします。
もちろん、これは先天と後天の両方があるので遺伝によるものもあるのだろうけど。

腎の陰陽のバランス、腎陰(体の水を主る)と腎陽(体の熱を主る)が正常であれば体内に
綺麗な水が流れ、汚れた水は排出されるので、体もきちんとデトックスされます。
呼吸はとても大切といいますが、呼気は腎が受け取って(納気)初めて成立するそうですので、
腎が充実していれば深い呼吸ができるそうです。

陰不足(過多)でも陽不足(過多)でも駄目で、マクロビオティックを実践している人の中には、
冷やす(陰)= 病気になる、と端的に捉えて陽性食(とりあえず梅醤番茶とか!)に偏って、
顔色が悪かったり、かちこちな人もいるかもしれないので、陰も陽もそれぞれ欠くことの出来ない
働きがあって、そのバランスが大切なのだということを、理解していきたいです。

そしてマクロビオティックが教えるコトは、自分にとってのバランス(体の声を聞く)を知ることなので、
自分にとってのマクロビオティックを見つけていけばよいのだと思います。
という私も、何故「腎」に昔から興味があるかというと、サムの診断や、自分を観察したりで
腎がウィークポイントだと思っているからで、腎陰による自覚症状がいくつかあるので、
陰を補う食事を意識していけるようにしたいからです。

先々週から朝食を野菜やフルーツのグリーンスムージー(生野菜やフルーツの酵素を摂る為)
にしたのもデトックスが目的で、マクロビでローフード!?となる人もいるかもしれませんが、
酵素は体にとって栄養素を吸収する媒体となってくれる大切なもので、発酵食品、全粒穀物や
ホールフード、そして生の酵素は大事だなと思っています。
とはいっても、根がレイジーなので、スムージーの1時間後に天然酵母の全粒パンを食べたり、
コーヒーも辞めずに飲んだり、たまーにチョコやスイーツなんて食べてしまうけれど、まぁいいかな。

腎を養うメニュー
P1120147

長いもと蓮子のおかゆ
ホタテと百合根のスープ セロリ風味
潤い野菜のみぞれ和え
海老と韮の胡桃味噌和え
黒胡麻豆腐 山葵

えびとにらの胡桃味噌和えは、一般的にも好まれる味でガーリックがきいて美味しかったです。
ひとつひとつの効能を確かめながら、やっぱりクコの実は常備したいなと思ったのでした。

|

« マクロビ・季節野菜料理レッスン | トップページ | Harb & Living Soil »

コメント

ますます色〜〜んなことにチャレンジングで素晴らしいね!
わいも五行のこの記事、興味深く読ませてもらいました。

そうなんだよね、結局は自分に合った食事法が一番気持ちいいよね。
最近はそういうトレンドにとらわれずに、自分らしい食生活をしてる人や
それを言う人が増えてきていて、わいもすっごい同感!してます。
そういうオープンで風が入るような、ゆっこちゃんみたいな人に料理教えてほしいもん!^^

投稿: ponzu | 2011年11月 2日 (水) 15時31分

こんにちわ。
いつもおいしそうで、わくわくします!

私も今丁度同じようなことを勉強しているので、
とても面白く読ませていただきました。

マクロビでは、火が肺で、金が心なのですね。
TCMではここが逆なので、新しい発見でした。

今期の私の研究課題テーマは「中医学から見たマクロビオテック」で、
昨夜から取り掛かり始めました。
またいろいろと教えてくださいね♪

投稿: めぐり | 2011年11月 3日 (木) 07時14分

Ponちゃん

お久しぶり~!自分らしさを探究していくのって食の上でも
大切だなって思う。体や心の声に向き合って無理せず、柔軟に。
やっぱり何より、美味しいなぁ、幸せだなぁと感じながら食事
ってしたいもんね!
形という表面的なものに捉われず、コアな部分を見れるように
なっていきたいなって思います☆

投稿: yukiko | 2011年11月 3日 (木) 20時37分

めぐりさん、こんにちは。
そうでした!いま、勉強されてるんですよね!
研究課題、興味深いです~。
先日のレッスンでは、「肝」についてで、またまた面白く
あっという間の時間でした。
五行を学んでいると、私たちは如何に自然によって生かされて
いるか・・・と思わずにはいれなくなりますよね。

また情報交換しましょ~☆

投稿: yukiko | 2011年11月 3日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/42578288

この記事へのトラックバック一覧です: マクロビ薬膳教室~五臓の養生コース:

« マクロビ・季節野菜料理レッスン | トップページ | Harb & Living Soil »