« 鳥取ガス サルーテ 秋のマクロビ中華点心レッスン | トップページ | マクロビ薬膳教室~五臓の養生コース »

2011年10月13日 (木)

マクロビ・季節野菜料理レッスン

yukashi 9月のマクロビ季節野菜のレッスンは、町屋カフェしょうあんさんの裏にある
この日オープンであった古アパートを改装したレンタルスペースで行いました。

素材が良いとお料理も美味しくなるのはもちろん。
まだ教室をはじめる何年も前、料理好きだった私は美味しいお料理を求めていると
自然と素材はオーガニックにたどり着きました。
そして、教室を始めてお料理の理に触れたり、お野菜を作る方に出会ったりしていると、
旬・季節に対してより向き合うようになり、マクロビオティックでいう身土不二(地産地消)
の大切さが自然と染み込んでくるようになりました。

P1110921

この日のレッスンのお野菜は生姜やニンニクに至るまで、兵庫の地元のオーガニック野菜を揃え、
お水は兵庫の北、一宮の湧き水を使ってのまさしく身土不二のお料理でした。

P1120054

自分で主催する教室では、地元の良質の食材にこだわりたく、この日、スープとスイーツで
登場した南瓜は右田農園さんのふゆうまかという、めずらしい品種のかぼちゃです。
上品な甘さのしっかりとした風味の南瓜で、けれども個性の強すぎないなんとも美味しい南瓜です。

にんにくは在来種、はりま王にんにくを、お野菜は主に右田農園さん、楽農舎さん、
そして知人の自給用のガーデンのお野菜をおすそ分け頂き、ゆばや豆乳は大豆作りから
こだわっていらっしゃる私の好きな真心豆腐さんで揃えました。

今回、包子で使った全粒粉は、丹波で小麦のオーガニック栽培をしていらっしゃる農家さん
のもので、自宅用のパンに使っている全粒粉です。
ご縁でこうして良質の食材や水が揃う事はお料理好きにとっては、とっても幸せな事で
感謝、感謝です。
来年は、yukashiガーデンのお野菜やハーブを教室で使えればいいな。

P1120058

メニュー
南瓜のスープ白味噌仕立て
麻婆茄子の包子
蕎麦の実の餃子
ひじきときのこの湯葉巻き
パンプキンプリン

蕎麦の実の餃子には、粒蕎麦、椎茸、ニラ、そしてキャベツの代わりに空芯菜が入っています。
粒蕎麦を高きびやもちあわにしても美味しそう。
全粒粉のめずらしい餃子の皮を自然食系のお店で見つけ、はじめて使ったみました。
少しハードな歯ざわりでもっちり感のある皮なので、揚げ餃子にしても美味しそうです。

麻婆茄子は、セイタン(小麦グルテン)の代わりに、戻した高野豆腐をフードプロセッサーで
そぼろ状にしたものや、雑穀などでも代用できると思いますし、少し固めに戻した切干大根で
食感を出しても美味しそう。

この日のレッスンでは、「たんぱく質」のお話をし、動物性、植物性のたんぱく質(アミノ酸)
について触れました。
ヘルシーなお食事を日々送ることは大切ですが、美味しく頂くことが何より大切だとよく思います。
それには、お食事を頂く環境や、テーブルセッティングも含め、なんとなく食べる・・・ではなくて、
食の事の時間を楽しむということです。それもひとつの栄養素となるはずですので!

|

« 鳥取ガス サルーテ 秋のマクロビ中華点心レッスン | トップページ | マクロビ薬膳教室~五臓の養生コース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/42320053

この記事へのトラックバック一覧です: マクロビ・季節野菜料理レッスン:

« 鳥取ガス サルーテ 秋のマクロビ中華点心レッスン | トップページ | マクロビ薬膳教室~五臓の養生コース »