« Eco Style in Melbourne | トップページ | 塩と玄米と味噌汁 »

2011年5月23日 (月)

yukashi マクロビ野菜料理教室

P1110463

yukashi の5月のマクロビ野菜料理教室が終了しました。

仕事と同時進行で色んな事やっていると、集中力も分散されて、最後のツメが甘くなってしまったり。
もっとこうすれば良かったな、と反省点はもちろん残るけれど、PDCAサイクル(Plan・計画、 Do・実行、
Check・評価、Act・改善)で、課題を次に繋いで行きながら経験の中で少しづつ成長していけたら
良いな。前回より、今回、今回よりその次・・・って。

教え方や雰囲気、レッスンには色んなスタイルがあると思う。
何故、自分はレッスンをしているのかな?
って思うと、私の場合は、参加して下さった方がお料理やご飯を楽しめたかどうかが
とても大切な部分だったりするし、レッスンがレッスンで終わらない時間をもつこと
であったりなので、そういう理想を抱きながら、私のカラーが活かせるレッスン作りを
これから築いていきたいです。

実は今回の教室開催にあたって、メルボルン行きの前日に急遽、場所を変更することとなり、
新しい場所を急いで確保したものの、宣伝らしい宣伝もしないまま飛び立ったので、
人が集まるのか少々不安だったのです。

メルボルンから戻ってきたら、ぽつぽつと予約が入りはじめ、マクロビ仲間は神戸から参加、
ハーブショップのsoraliさんはお知り合の方と・・・・
最終的には、5名という丁度良い人数で無事、開催することができて感謝感謝です。
楽しい時間、あっと言う間でした。
限られた時間の中では、「おはなし」の時間が持てず、soraliさんのスタジオをお借りして
その後も、マクロビだったりそこから広がるお話ができ、充実の1日でした。

来月はいつですか~?と聞かれて、場所をまだ抑えていないのだけど
6月のメニューは、実はもう考えているのです。次回は午前から夕方まで場所を借りれる
場所にして、バタバタしなくて良い環境で開催したいです。


さて、この度の5月のメニュー

大豆ミートとお豆腐のハンバーグ・キャロットソース
テンぺと青紫蘇ジェノベーゼの生春巻きサラダ
新玉ねぎと銭麩の塩麹スープ煮
新ごぼうのポタージュ
玄米おむすび

Img_5249


Img_0073


参加下さったハーブ&エステsoraliさんと、アロマセラピストのLuceさんが記事にアップ
してくださっていました。
Luceさんがアップしていたsoraliさんのお庭のバラ、本当かわいかった。
バラってベスト5に入る大好きなお花です。素敵。


以下、yukashiの記事より~
5月に入って、気温が上がってくると、夏野菜や酸味のきいた物が欲しくなってきます。
食欲も落ち気味ですが、タンパク質がしっかり摂れる大豆製品で作るハンバーグに、
白ワインヴィネガーの入るキャロットソースを添えるとさっぱりとして頂きやすくなります。

殺菌、健胃、解熱作用のある紫蘇は、青紫蘇ジェノベーゼにすることで、生春巻き1本で
1人5枚~7枚、たっぷりと頂きました。

薬膳でも度々登場するクコの実は、生薬名は枸杞子(くこし)と言い、血液を補って滋養強壮、
肝臓の機能低下、目のトラブルなどに効能を持ち、薬効を持つ食物の中でも、上品中の上品
と言われています。
女性は5年後、10年後の美容効果を期待する意味でも、毎日頂きたい食材です!
今回は、スープ煮に加えてみました。

今回は1回目ということで、マクロビオティックとは?ということをメインにおはなしを致しました。
身土不二 一物全体など・・・、聞きなれない言葉が飛び出したことと思いますが気負わず、
楽しくおいしいレッスンを続けて行ければ良いなと思います。

|

« Eco Style in Melbourne | トップページ | 塩と玄米と味噌汁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/40102118

この記事へのトラックバック一覧です: yukashi マクロビ野菜料理教室:

« Eco Style in Melbourne | トップページ | 塩と玄米と味噌汁 »