« Earth Day in Fukuyama | トップページ | 福山の風景 »

2011年5月10日 (火)

チャイと私とメルボルン

P1110165

オーストラリア、メルボルンTripから戻ってきました。
9日間という短い滞在中、家族で沢山の場所を訪れ、様々な各国料理を楽しみ、
その合間に多くの人々と再会し、ぷらぷらとショップやカフェ巡りに出かけ。
フリーダムな大地の空気を細胞ひとつひとつに染み込ませてきました。
再会できた皆さま、楽しい時間をありがとう!

触角が刺激され、またまた気になることが増えてしまいました。
手帳にキーワードをコリコリ。
(半日、香港観光とメルボルン記は、また時間のあるときに。)

1年半ぶりのメルボルンはより商業的(アジア化)になっていたような印象がありました。
ビルは増え続け、ショップはフランチャイズ化され、時間のリズムはアップテンポになり、
店の開店時間は延びて、残念なチャイを出すカフェが増えた。

1996年のメルボルンでは、なかなか美味しいチャイを出すカフェがいくつかあったけれど、
日本でもオーストラリアでもメジャーな飲み物となった今、どこでも飲めるようになった半面
インスタント化がすすみ、今回はチャイをカフェで頼んでがっかりすることも多かった。

多分、珈琲に力をいれるイタリア系のカフェでもドリンクのひとつとしてチャイがメニューに
あるのもひとつあるのかな。

このインスタント化は、何年か前のシドニーのようだなとなんとなく。

シティライブラリーのカフェジャーナルでは、ソイチャイを頼むと、かわらずシルバーの
ポットにはちみつを添えてサーブしてくれて、ほっとしました。

メルボルンはここ10年、変化の進行形で、いつもどこかでトントンカンカン工事が
進んみ、コンテンポラリーアーツなビルディングも増えた。

ビクトリア調の古い建物と公園と良いカフェとアートとマルチカルチャーがミックス
したメルボルン、これからどんな顔になっていくのかな。


Img_0004

P1110146

Img_0068


Img_0215

P1110180


P1110095


P1110239


P1110289


P1110372


|

« Earth Day in Fukuyama | トップページ | 福山の風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/39938757

この記事へのトラックバック一覧です: チャイと私とメルボルン:

« Earth Day in Fukuyama | トップページ | 福山の風景 »