« Sourdough Bakery メモ | トップページ | La Buona Forchetta »

2011年4月20日 (水)

野菜の食卓

P1100949

ある日、家に帰ったらお野菜がたーっぷりと届いていました。
写真の2-3倍くらいの量です。兵庫産のオーガニック野菜たち。
この時期は、葉物が多いので、磯辺和え、胡麻和え、辛し和え、白和え・・・
と和えものが多く食卓に登場する。

P1100962

ある日、100枚くらいの大量の紫蘇を購入。
これでジェノベーゼを作りました。たくさん出来るので小分けにして冷凍です。
このジェノベーゼは動物性が入らないレシピで作りました。
ナッツや味噌が入るのでチーズがなくてもボリューミーなのです。
パスタにはもちろん、サンドイッチやサラダ、リゾット、野菜のディップとして・・・と万能です。

1303307317495.jpg

めずらしいお野菜、確かイタリア生まれだったような。
生でも食べれて、えぐみも特にない不思議な触感のお野菜。
この表面のぷちぷち・・・この中に水分がぎゅっと入っているのです。


1303307296151.jpg

筍って春の味覚の代表みたいなもの。
この日は、初筍で、若竹煮、おすまし、筍ごはん・・・と筍づくし。
去年は筍や山菜のお料理良くしたなあ。木の芽あえが食べたいな。

1303307312645.jpg

大豆ミートとお豆腐のハンバーグです。ビーフハンバーグみたいな見た目と触感。
崩れやすかったので、天然酵母の生パン粉を加えて、再度試作を・・・。

P1100999

ひじきも加えて、味付けも少し濃いくしてみました。
もう少し薄くしてソースと一緒でもいいな。彩りも綺麗だし。
人参ソース、新玉ねぎのソース、トマトソース、豆乳きのこソース・・・と色々合いそうだなあ。

そら豆のビシソワーズを作ってみたり・・・。

5月からのyukashiのマクロビ野菜料理教室の詳細がアップしています。
そのレシピ作りと試作をぼちぼちはじめているのでした。

----------------------------------------------------------------------

<5月のレッスン内容>
       ◆ おはなし 「マクロビオティックとは?」
        ~ マクロビオティックスの考え、身土不二 一物全体など
       ◆ レシピ説明&実習

<5月のメニュー>
       大豆ミートとお豆腐のハンバーグ
       テンぺと紫蘇ジェノベーゼの生春巻きサラダ
       銭麩と新玉ねぎの丸ごと塩麹スープ煮
       そら豆のビシソワーズ
       玄米ご飯
       マクロビスイーツ
(材料の都合により、内容が変わることもあります。ご了承ください。)

第1回目は、玄米の炊き方・蒸し煮などマクロビオティックの基本の調理法
を学んでいきます。日本の伝統調味料のひとつ 「塩麹」、また畑のお肉で
ある大豆食品を使ったレシピも取り入れていきます。

|

« Sourdough Bakery メモ | トップページ | La Buona Forchetta »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/39689056

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の食卓:

« Sourdough Bakery メモ | トップページ | La Buona Forchetta »