« 明るい未来へ | トップページ | 丹波篠山 ドライブ »

2011年4月 3日 (日)

healing foods

4月です、入学式とか言われてもピンとこないけれど、お料理教室のキッズクラスも
今日から新学期でした!
『新学期』、そう言われるとなんとなく、ピッと背筋も伸びるような感じ。

今日は、キッズが市場から届いた鰯を器用に手開きをしてフライやチーズのオーブン焼き・・・
と。幼稚園から6年生まで!

いりこだしの味噌汁
油淋鶏(鳥肉の甘酢がけ)
鰯のカレーソースフライ
鰯とチーズのオーブン焼き
コールスロー
カントリークッキー

この油淋鶏、車麩や大豆ミートを使ってマクロビレシピで作っても美味しそう、今度試してみます。


先月は、マクロビ師範科クラスの他に、2回別のお料理教室にも行ってきました。

ひとつは、芦屋のmarmeloもうひとつは、岡本のkokusai kitchen

マルメロは、ずーっといきたかった教室でやっとタイミングが合いました。
フードコーディネーターの先生は、正食の師範科も卒業されていて、私が参加したのは
マクロビをベースとした野菜料理の教室です。

伝統料理や食材も大切にされていて、3月は塩麹を使ったレシピ!
塩麹、お気に入りです。というか、日本の伝統発酵調味料ってもっと知りたい。
また、甘酒作ろうかな。


P1100862_2

塩麹だしの春雨スープ
新玉ねぎのひろうす
からしれんこん
(お気に入り!家でも早速作りました。お酒のアテに最高です)
にんじんの胡桃味噌和え
玄米ちらし寿司

P1100863_2

さくらもち


マルメロの焼き菓子やグロッサリーもお買い物して、オーガニックベジ屋のCA
kaopanでフードショッピングもして充実の1日でした。芦屋の街ってkewみたいで好きだな。

CAは、前から気になっていたショップで、自分で足を運んで良かったこともあって、
今まで取っていたオーガニックお野菜屋さんをお休みして、兵庫県産のお野菜を
主に扱うCAの話をしたら、母が早速注文していました。届くの楽しみ。
姫路だと、龍野や夢前にもオーガニック農家があるので落ち着いたら畑仕事にも
少しずつ関わって行きたいと思うこの頃です。


芦屋に向かう前に、ハーブエステに行ってソラリさんと友人と姫路でランチ。

1301792679830.jpg

町屋カフェ しょうあん
ついつい、ついつい・・・長居・・・。昨夜の女子会にしても、いったいどれだけおしゃべり
することあるの!?ってくらい、ガールズトークって終わらない。


久々のkokusai kitchenは米粉を使った春のマクロビスイーツのレッスンに。
レッスンの前に、大阪の友人と岡本でキャッチアップしてミドリカフェでランチ。

1301792704002.jpg

お互い忙しくて、なかなかゆっくりと会えない。
この日も1時間くらいで、友人はソワソワと西ノ宮に向かい・・・、
私は店先のyamsaiさんのオーガニックベジのマルシェで新鮮ベジショッピング。
スーパーに並ぶ野菜も、野菜。どれもかわいいけど、土がついて、ちょっと不格好で
味のある風貌のオーガニック野菜たちは、生きてますよー!!って言ってるみたいで
すごく魅かれる。見てるだけで元気になる。野菜のビタミンカラーって見てるだけで
実は栄養になっているのではないか?とか思ってしまいます。


春満喫。
kokusai kitchenの先生は、
海外(アメリカ)に長く住んでいたり、同年代など共通点があるので、またお会いできて楽しかった。
レシピもそれぞれの先生の個性が出ていて、そういのを知るのも楽しい。


P1100886_2

桜の米粉シフォンケーキ

P1100889_2

いちごのブラマンジェ
豆乳ホイップ
いちご桜もち


healing foodsに集ってくる人々はコアな所で通じるモノがありハートもオープンになりやすい。
この日も、教室で再会、初めて知り合った人たちと愛農人までフードショッピングに行って
お茶して・・・充実の1日でした。

私も来月からは、お手伝いに行っている先生のスタジオを借りて月1でマクロビ教室をするので
これから、益々色んな事吸収していきたい。

秋からは大阪の薬膳料理教室にすごく行きたいのですけど、これからはスローペースに
スローライフでやっていこうと思ってます。

地震があって、多くの人の価値観に変化が見えてきたこの頃、
今まで、こんなこと言うと反社会的だとか、理想論だとか、非科学的だとか、そう思われそう
だなあと思っていたことも、割とオープンに口に出来る空気が生まれてきたような感じがする。

そして、私はマクロビオティックスにある『食』を通しての気付き、本質との繋がり
そういうのが、これからの時代にとても必要なことだと思って。

先週の講義で、西森先生はこう言います。
『見えないものを感じ取り見る力、私たち日本人なら皆持っている力です。』

本質とは見えないところにある。知性を包む『直観』の部分。
それが東洋思想であり、マクロビオティックスであり、私たちが今育むべき芽の部分なのかな。


|

« 明るい未来へ | トップページ | 丹波篠山 ドライブ »

コメント

まいどー!お久しぶり!
すっごい理想的な食事〜。わいも食べたいー!!
最近、一つの食事法をとってる人達によく出会うんやけど、
やっぱりあんまり健康そうではないなー。。。何事も色々中庸が
よかったりするんかな、とも思ったりするわー。

ひょっとしたら今度、家の家族、田舎家を姫路の辺に買うかも!?との
話なん。しょしゃざんの裏らへん。笑 近い?

投稿: | 2011年4月 5日 (火) 08時52分

おぉ~!ぽんちゃん久しぶり☆
書写山の裏?友達の家と近いわ・笑
家は、姫路駅周辺やから15-20km程ちゃうかな。
姫路、いいとこだよ~。
私は、最近丹波篠山とか淡路とかええなぁとか考えてる。
それか神戸の西か明石とか。

食べる物って、ヒトとなりを現してるなあって思うんだけど、
どんなに良いものでも偏ると逆効果になるもんね。
マクロビでも、人それぞれのマクロビがあると思うんだけど、
やっぱりミクロになっちゃってる人もいるしね。
私も全体的に、中庸&ほどほどがいいなあ。
それにしても、日本の食事の1汁3菜というコンセプトはすごいよなあ。

投稿: yukiko | 2011年4月 5日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/39463500

この記事へのトラックバック一覧です: healing foods:

« 明るい未来へ | トップページ | 丹波篠山 ドライブ »