« take in | トップページ | nature »

2011年3月10日 (木)

師範科 no.6 欧風マクロメニュー

P1100832


師範科がスタートして、早くも後半に突入です。
お料理を習うのは、後3回くらいかな?

毎回、その内容が濃くて、ただ単にお料理を習いにいくのとは違う深い部分を感じて、
なかなかアップが出来なくて、もたもた、もたもたするうちに3月のレッスンです。
1月と2月のレッスンも、まだなのだけど、春を感じる3月のレッスンを先に。


今回の講師は現在、ロイトン札幌の総料理長をされている大浦隆司先生です。
以前は奈良の橿原ロイヤルホテルの料理長をされていたそうです。

デモに1時間半もかけてくださって、家庭で出来る、プロのマクロビ料理
しっかり学んできました。


メニュー

P1100835

かぼちゃの葛汁 玄米ニョッキ添え


P1100834

大豆ハンバーグ バジル風味のトマトソース
ペンネ タイムとブラックオリーブの香り


P1100836

サラダと玉ねぎのドレッシング


P1100842

林檎のゆるゼリー 豆腐ホイップと苺のソース

P1100838

貝原益軒 養生訓より
飛竜頭の生姜あんかけ


パスタは、タイムやオリーブが入って好きな味!
ひき肉の様なのは、グルテンバーガーを醤油で味付けしたものです。
ペンネが茹で上がったら、昆布だしの入った和風ベシャメルソースを絡め、
ボロネーゼソースを絡めます。なかなかボリューミー。
赤のメルローかカベルネが欲しいな。
これなら、お肉が好きな男性でもいけそうなお味です。

どれも、とても美味しかったのですが、このデザートを食べた時、さすがプロだなと
感心しました。
林檎の葛ゼリー、豆腐のホイップクリーム、苺のソース
一つ一つ単品で食べるより、この3つが合わさると風味が三位一体となり、バランスがとても良い。

国産の桜の葉と花の塩づけを買ったので、彼のレシピを参考にして、
私は桜のブラマンジェ作ってみたいなと思います。考えるだけで、わくわくする。


タイムやオリーブを買ったので、パスタを、早速家で作ってみました。
アレンジして、ドライポルチーニマッシュルームと戻し汁を加え、
セイタン(グルテンタンパク)の醤油漬けを使って、タイムは多めにしました。
ペンネがなく、ラザニアシートしかストックしていなかったので、
濃厚な豆乳ベシャメルソースを作り、マクロビのボロネーゼラザニアにしました。

うん!美味しい。
これがヴィーガンだと知らずに食べる父。
『ラザニア口に合うわ、美味しい、お酒に合うなぁ。これ、何?ひき肉?』

『ポルチーニ刻んだのと、セイタン、美味しいでしょ。胃もたれしないし、ローカロリーだし。』
ふふふ。大成功!

マクロビはヘルシーなの、体にいいの、と言ったって美味しくなかったら意味がないのです。
食べる人にとって、美味しい!を感じれるヘルシーなメニューを増やしていこう。

|

« take in | トップページ | nature »

コメント

師範科で一緒のカズミンです。
初めてコメントさせて頂きますヽ(´▽`)/

大浦さんの料理、美味しかったですよね!!
レストランの味がしました。

yukikoさんもお料理のお仕事されていたんですね!!
略歴を拝見し、素晴らしい!!(゚ロ゚屮)屮状態でした。

楽しそうな事も沢山やられていて、普通のママの私にはとてもいい刺激です。
これからも宜しくお願いいたします(*^ω^*)ノ彡

投稿: カズミン | 2011年3月10日 (木) 22時52分

カズミンさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

師範科に集まってくる皆さん、
なんだか面白そうな方が多くて刺激になります!
私は、食を職とする仕事を作る為、まだまだ
試行錯誤な日々です☆

明日(今日?)、マルメロの料理レッスンに芦屋
に行きます。オーガニック野菜のCAやkaopan
もメルボルン時代から気になってたので、
やっと機会が巡ってきました!

次回は月末の合同講義のクラスで。
イベントも楽しみにしてます☆

投稿: yukiko | 2011年3月12日 (土) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/39157392

この記事へのトラックバック一覧です: 師範科 no.6 欧風マクロメニュー:

« take in | トップページ | nature »