« ドライブ | トップページ | からだにいいこと »

2011年2月25日 (金)

対極にあるもの

Img_6807_2

冬にある、厳しい寒さ。
この冬は、ホント雪がよく降った。
自然にある凛とした空気を放つ雪景色をみると、自然が少し上の方から威厳をもって
私たちを見下ろしているような、そんな印象を受けて、
なんとなく、私は男性的な強さと、凛々しさを思う。


Img_6807

暖をとり、ゆったりとマクロビランチを頂く週末のある午後。
そこから春の、あのふんわりとした空気を連想させ、
女性特有の愛らしさとか、包容とか、細やかな感性とか・・・そういうのを思い。


この頃、私の中で見えてくるテーマが、
対立、陰陽、裏表・・・なんかで、ある日自分の中にコトンと落ちてきたら、色々繋がってきた。
ある人から受けたメッセージとか、先週のバランシングの中でも。

対極にあるものは、それぞれ独立した個性があって、
S極とM極みたいに、なんとなくセパレーディブなところにあるもの?
Not really
それって、もう全然コネクトしてるわけだから、そして融合して受け入れたら良いみたい。
私は、今そういう風に解釈する。


金曜日の満月の夜、仕事が終わってから京都まで整体・バランシングを受けに行きました。
友人に紹介してもらった時、何をするのかとか、どんな人なのかとかディテルをも知らないのに、
何の躊躇いもなく、私はもう電話してて。
そういうのって直感の部分だから、考える間もなく行動に移している。
私に度々起こるパターン。でも、そういう時って何かあるとき(起こるとき)なんだよね。

片道2時間、往復4時間、セッション2時間。帰宅したら夜中の12時半を過ぎていた。

「次は、2週間後に入れましたよ」 その日が都合良いでしょう、と言わんばかりに確信もって言う。
手帳を見ると、翌日は、大阪でマクロビ料理のレッスンだったので、大阪にホテルをとれば
時間もゆっくりできて都合が良い。(そしてホテルもスムーズにとれました。)

バランスの2時間は、もうとっても濃い2時間で、いくつかの自分と向き合う事になる。
それは、ネガティブな自分だったりもするし、認めてあげようと思う自分でもある。

そこでも、”対立”、”陰陽” がキーワードとしてあり、そして20cmの幅しかない
20mの筒に立っている自分を知ることになる。
少しでもバランスを崩すと落ちて怪我をするかもしれない、足の幅もない高い筒の上。

その人は言う、
よく、そんな高くまでがんばったね。寝いでがんばったりもするでしょ?
ヒトから褒められたり、必要とされると重荷になるときがあるのは、期待に応えないと
いけない、もっとがんばらないといけないってなるから。そんなとこに立って荷物背負えないでしょ?

そしたら、期待にこたえなくていいって。私が頑張りたければ頑張ればいいって、
ヒトは勝手だから。ヒトの評価に振り回されなくていい、私のやりたいことをやればいいって。
もう、体に全部、症状でてるでしょうって。

うん、多分分ってたけど、
”そういうのってもう絶対自分に負けたくないって思ってしまうから”と話す。
オーストラリアに10代で渡ってから、私はずっとそのスタンスでやってきたから。
ライバルは常に自分自身だったし、それが結果に繋がってきたから。

”自分自身とも対立してしまってるからね”って。
”人生、楽しんでないよ。”って。
え?そうなの?。目からウロコだった。私、好きに生きてるしなあって思ってたから。
自分の選んだ道、進んでいく方向性に迷いはなく、どれもやりたいことなのだけど、
でも、全然、楽ではない。しんどくて息切れしそうにもなる。
流されないように生きようと思い、納得できる生き方をしようと思うからこそ、ストラグルする。

だけど、Mさんからの言葉、そして整体の先生の言葉にあったコアな部分のメッセージ
に気づいたら、もう無理して頑張らなくて良いんだなあと思えて、ほっとした。
直観を信じたらいいって。居心地の良さで選んだらいいって。

成長とは、何も高く上ることではなく、本来は低くそして横にひろがっていくものだからって。

ヒトもや自分の足りない部分、マイナス、不完全な部分・・・そういうの受け入れようよって。
人間味あるでしょ?そういう人って。その方が、よりヒトと繋がれるからって。

20mまで上って来た努力やエネルギーを、今後は別で活かせばよいからって。
私は、初めて自分を褒めてあげた。なかなか良く頑張ってきたなあって。


そして、私はまたひとつ決断する。
うん!そうだ、そうしよう。

|

« ドライブ | トップページ | からだにいいこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/38943272

この記事へのトラックバック一覧です: 対極にあるもの:

« ドライブ | トップページ | からだにいいこと »