« 家族 ぶらり | トップページ | 生麩つくりと生麩料理 »

2010年11月19日 (金)

寺小屋TAO塾 幸せって?

Img_0365

先日寺小屋TAO塾の波多野毅さんの講演会が大阪の路地カフェでありました。

TAO塾・・・って聞いたことはあるけど、詳しくは知らなかったのですが、
九州に行く機会も、なかなかないと思い参加してきました。
お話も面白く、あっという間の時間でした。
正食のむすび月刊誌の編集員をされていたということで、だから聞いたことがあったのかな。

Self Healing, Self Learning をコンセプトに、「衣食農同源」の寺小屋や
様々なプロジェクトや執筆をされています。
連れてきていた息子さん二人も、のびのびとしていてかわいかったなぁ。


お話のテーマは、幸せについてだったのですが、これが幸せなのですよ~というのではなく、
色んな角度から、違った表現を使って羅針盤を振られていました。

私は、マザーテレサの言葉

「愛の反対は、無関心」 というのがとても印象に残りました。

マクロビオティックな視点でのお話もあり、大和言葉の秘める言葉の力や、
陰陽については、とても分り易く面白かった。
東洋のもつ陰陽の概念と、日本語との関連性が興味深く、マクロな視点とミクロな視点
のお話など、陰陽五行についてのお話もまた聞きたいな。


実はこの日、ちょっと不思議なことがあって、
私は(多分)波多野さんとは初対面なのですが、公演が始まってすぐ・・・
「なんか、見たこと(会ったこと)あるのかなぁ」と思って、話している姿をみてやっぱりあるのかなぁ?
と思っていたのですが、もちろんそんな記憶はなく。

お話の途中に、質問をふられて当てられたとき、向こうも「!?」という空気があり、
公演が終わって、友人が質問をしに行ったとき・・・
「会ったことある?」って言われて、ちょっと驚きました。
 
「私も、なんだか会ったことある気がしていて!」
「でも、どこでなんだろう。(海外在住歴があるので)オーストラリアで会ったのかなぁ」。
だけど、オーストラリアへはクィーンズランドのパーマカルチャーゆかりさんの所に取材に
行ったことしかないらしく・・・。
多分、やっぱり初対面だったと思うんだけど、なんだか少し不思議な体験でした。

多分、まぁまたいつか縁がありそうだな。
その時、分るかな。


終わって・・・
講演会に誘ってくれた友人に、連れて行ってもらった西天満にあるお店

Img_0361


フェアトレード、クラフト、自然食など小さな店内に所狭しとあってツボなお店でした。
お店の方がとっても親切で自然体で、居心地の良いお店でした。
店主さんは布を使って韓国のパッチワークなどもされる作家さんだそうです。


Img_0362


ここで、私はアースカラーと藍色の麻布を購入(トップ画像の本の下にひいています)。
壁にかけたりしたら素敵だろうな。

藍色はなんだか魅かれるなぁ。

P1100462

今、使っている箸袋も藍色。
楓薫さんで扱っている作家さんので、藍色で作ってもらい
お気に入りです。


いるふ。さんで目に留まったのはマキマロの草木染めの衣類!
随分前に、カードか何かで見て以来素敵だな~と思っていたので、まさかここで出会えるとは!

Img_0373

麻の草木染めのパンツが雰囲気があってとても格好良かった。
普段着使いとしても、きれいめな感じでもいけそうで素敵だった。 
この日、大阪に少し早めに到着したので先にちょっとぶらぶらして、
ガーリーめな洋服を(最近、カジュアル化しっぱなしで更に前髪もパツーンと短くしたので
なんだか女性らしい服が異様に欲しくなったのです)
買ったばかりだったので、草木染めのパンツは次回までのおたのしみです。


久々に会った友人の近況も色々聞けて、なんだか充実の楽しい1日でした。

|

« 家族 ぶらり | トップページ | 生麩つくりと生麩料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/37662402

この記事へのトラックバック一覧です: 寺小屋TAO塾 幸せって?:

« 家族 ぶらり | トップページ | 生麩つくりと生麩料理 »