« 広島・宮島  | トップページ | 秋の味覚 »

2009年11月 9日 (月)

Fasting

P1090260

兵庫県淡路島にある、全国で唯一の公的断食専門施設、『五色県民健康村断食道場』。
3泊4日の体験コースに母と行ってきました。

ここは医学的アプローチによる断食療法が受けられる医療センターとして有名らしく、
27年も前から新しい健康医学の創造として、道場長によってファースティンが確立されました。

先生は”生きるとは?””健康とは?”そういう事を考えながら大人になり、医療の道にすすまれたそうです。
そして病みを治すだけの医療ではなく、心身両面による健康医学を求め、ヨーロッパへの分子生物学
留学を経て、恩師の要望により淡路の地を踏まれたそうです。

とっても温和でやわらかいオーラをまとい、とても血色の良い若々しい人!そんな印象で、
メルボルンの中医のサム先生のオーラを連想しました。いつも朗らかで、前向きで研究熱心なサム先生です。

”自分発見と自分の山を登る”、”心身両面の健康医学”、”私たちは生かされている”
そういうフレーズが印象的でした。

施設での生活は非日常な時間が流れ、ゆったり、のんびり、やわらかく過ぎていきます。
働いている人も私たちも皆同じようなペースでのんびり。
丘の上のその施設から見下ろす景色は豊かな緑と目の前に広がる海。
朝は海に反射する日の光が綺麗で、夕方には水平線に沈む夕日がきれい。

P1090262


P1090271


P1090277


そこには”ストレス”という文字が見当たらなくて、ここに来るだけで心身休養とデトックスになるような。

P1090263

私たちは短いプログラムへの参加だった為、当日の午後と夜、2日目が断食(1日3回の特性ジュースで)。
そして3日目からは回復食がはじまり、ヘルシーなベジタリアン食とおかゆさんでした。
長期な人は3分粥、5分粥、全粥、完全食・・・と徐々に断食と同じ日数かけて戻すようです。

食事は管理栄養士による、いわゆる病院食というかんじです。


P1090264
ある日のランチ


P1090268
ある日のディナー


フィジカルとメンタル両面からの断食療法なので、専門医の先生による毎日の巡回、
オプショナルで管理栄養士による講義、カウンセラーによる性格分析、先生と道場のスタッフの方による
丹田呼吸法・・・と吸収することも多く充実した時間でした。

断食期間中は全くといっていいほど、お腹もすかず、食べたい欲求もなく、
体と頭がすーっとなじんだかんじで、健康体で1日食べなくても辛くないのだなあと不思議でした。

4日目、気分も爽快!道場を後にします。
私たちは神戸に寄って、ランチとショッピングをしてから帰ろうということで、まずはカフェで
4日ぶりの珈琲を飲んで、北野にある母のお気に入りのパスタやさんに久々ランチを食べに行きました。
若いオーナーによる元気いっぱい、心遣いのあるお店。

P1090278


P1090279


P1090284


P1090286


久々北野をぷらぷら。

北野によく来ていたときに母がちょくちょく買い物していた服やさんを覗いて、秋冬物の服の買い物。
私はその間、周辺をぷらぷらして時間をつぶす。

私も何かショッピングしたいなあ・・・。
トアロードから海側に向かって下り、元町大丸へ寄って弟の服をみる。
母が弟に似合いそうなダウンと服をお店の人と色々コーディネートしたという洋服をみて、
姉のバースデーのプレゼントを探したり。
やっぱり私も何か買い物したいなあ・・・。
ジュエリー売り場でかわいいリングをみかけ、私も自分用にお買いものが出来ました。


ちょっと寄るだけ・・・が結局はディナーの準備には間に合わない時間。
父に夕飯はデパ地下の持ち帰りになることを電話で伝え、夕飯のお買い物をして帰りました。
やっぱりデパ地下ってたのしい。そして女の人っていくつになってもお買物と美味しいものが好き。


心も体もデトックスの4日間となりました。

|

« 広島・宮島  | トップページ | 秋の味覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/32149465

この記事へのトラックバック一覧です: Fasting:

« 広島・宮島  | トップページ | 秋の味覚 »