« バランス | トップページ | BAKING! »

2009年9月13日 (日)

道のり

Yoru


オーストラリアの土地はやっぱり広大なのだなあと再認識したある夜。

40数キロの日没後のドライブ、
Google Mapによると1時間ほどで目的地まで到着のはずなのに所要した時間は
おおよそ2時間45分でした。倍以上。

選んだルートが間違いだったのか、ほとんど街灯も民家もない真っ黒な山道、
もう絶対right on trackなのか不安だから、そして道だけはただただ広くて。

オーストラリアって広いのだなあ(忘れてた・・・)、
時折車内にふわっと漂ってくる深緑の香りに自然や森を感じて、そしてそんな真っ暗な
山道をドライブ(しかも迷って)している孤独感とか、そういうのって不思議な感覚でした。


わぁ!
ぽつんと現れた小さな小さな商店街。20年以上前にタイムスリップしたような
レストランやショップが数店。人が歩いてるーとなんだか妙に親近感湧いたりして。
(結局、ここで通りすがりの人に道を聞いて助けてもらいました、感謝)

木の枝がからまるというトラブルもクリアして、ちょっとした冒険でした。


たどり着いた場所は
Warrawoodという場所にある、山の中のシュタイナー学校。
ここにシュタイナー教育の教員養成スクールがあり、そこに通う友人のシェークスピアの
演劇発表会でした。すっごく遅れてしまったのだけど、行けて良かった。
舞台、コスチューム、小道具、全て手作りで皆生き生き伸び伸びと思いっきりパフォーマンス
していて、シュタイナー教育に興味を持ち始めた私は、こういう表現力のある人たちが
先生になるのだなあと更に興味を持ちました。

私はメルボルンの大学で教育の勉強をして、小学校の教員免許を取得したのですけど
その時はシュタイナーの存在も知らなかったから。
教員になる道は結局選ばなかったのだけど、いくつかのオーストラリアの小学校で
教育実習をして、多文化・多民族性に、教育スタイルに、元気で伸び伸びした子供たちに、
そして個性や違いを尊重し、ディファレンスをポジティブに受け入れる寛容さに、
そういったことから良い影響をもらいました。

人生無駄はないというけれど、大学で勉強したこと、経験したことは多岐面で今に繋がっています。

アノ頃、もし、私がシュタイナー教育というものを知っていて、それを学ぶ機会があったら
もしかすると先生になっていたかもしれないなあと、みんなのパフォーマンスをみていて
ふと思いました。

ロング、ロングドライブな1日でしたが、なんだかひとつ壁をクリアしたような気持ち。


シュタイナー教育
オーストリア出身の哲学博士でアントロポゾフィー(人智学)の創始者、
ルドルフ・シュタイナーが唱えた教育論です。
教育、芸術、医学、農業、建築など多方面で思想を展開し、影響を与え、特に教育の分野
ではシュタイナーの人間観に基づいた教育が世界中で実践されています。


画像はある別の夜のドライブ

|

« バランス | トップページ | BAKING! »

コメント

アメリカからこんにちは♪どれも素敵なお料理ばかりでとても魅力的です。とっても勉強になるのでまた遊びにきます。happy01
自分のブログにリンクを貼ってしまったのですが、もしまずかったら消しますのでおっしゃってください☆

投稿: 近所のまるこ | 2009年9月16日 (水) 12時31分

まるこさん、
はじめまして、こんにちは。
まるこさんのブログ遊びに行きました!
ベーグルやズッキーニのグリル、おいしそう☆
私もズッキーニ好きです。丸ごとグリルでフォークとナイフで頂くアイデア、良いですね!
アメリカもやはりお野菜のサイズ大きそうです。

投稿: yukiko | 2009年9月19日 (土) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/31331970

この記事へのトラックバック一覧です: 道のり:

« バランス | トップページ | BAKING! »