« 1 DAY CAFE と レシピ作り | トップページ | 週末の »

2009年6月 4日 (木)

男らしさ 女らしさ

日ごろからぼんやり思っていた、自分の中にある フェミニズムに対する違和感を
久司道夫 さんが対談ですーっとわかりよく話されていて、
そうそう、そうなの。と男も女も 上も下もなく、もうこれは比較する対象ではないなと改めて。

男尊女卑、性差別は私もよく理解できないけど、生物学的に違うものなのだから、
自然社会の中で男には男の役割があるし、女には女の役割があるし。
それは何も 社会のシステム構築を男性にまかせ、女性は家事に専念するという意味ではなく
男性・女性、それぞれの特徴を活かした バランスをもたせた社会がよいのではないのかなとか。

性同一をもってる人は別として、男は女にならないし、女は男にならないし。
私たちが持ってるネイチャーを崩す必要はないかなと。


思うと、
動物社会の中、例えば弱肉強食とか想像すると、強いものが上に立ちリーダーとかなって。
昔々、私たちがおサルさんだったとしたら、男猿のが力が強かったのだから、
それを中心とした社会が構築されて・・・。
昔の選挙権にしても、男性が中心な政治や経済にしても、それはもうそういう所から
きてるのかな・・・とか思ったらちょっと滑稽。
今の社会は 男性的だなと思うから。

そして男はこうでないと・・・
女はこうでないと・・・という 社会をまとめやすくするステレオティピカルなものが
大きくなりすぎて・・・、で、もう男性的社会はそろそろいいんじゃない?と
流れがフェミニズムという形で現れて、そして、次は・・・どこに行くのかな?

思うに、
一般的に男性のが出来事を引きずったり、立ち直りが遅いとかいうけど。
例えば失恋をすると、女性は直ぐに立ち直ったりして、男性はひきずったりとか。
で、一般的に女性のが長生きしたりするとか。

生物学的にいろいろ、あるのだと思うのだけど、
私は、これは 泣く行為だったりの 『感情の発散』 ではないかなとふと思うのです。

『男は泣いちゃいかんよ。涙を見せるのは親との永遠の別れのとき』 とか。
感情を抑制させる癖がついてるのかなとか。
私たちは、感情を思いっきり発散させるのです。

悲しいときは、男も女も同じ悲しいし。
愚痴がでるときは、一緒だし。
辛いときも 一緒だし。

で、わぁっと泣いたらすっきりするのは、やっぱりそこで発散されて気持ちも整理されるからで。
だから、わぁとかって自然に泣ける人をみると、うれしいなあと思う。
(でも、無駄にしくしく・・・、ぐずぐず気持ちの切り替えができないようなのはネガティブだけど。)


(以下、上記サイトより抜粋)
『・・・・・でもね、やはり女性たちの良さ、男性の良さもあるでしょ。
なんせこれら(政界・実業界)は男性がこしらえた変なシステムですから、
女性にはあんまり似合わないんですよ。
女性はそのシステムの中に入ってもいいんだけれど、女性の長所が活かせるものを分担する、』

『それ(男女の社会での役割)は、絶対に違いますよ。
女性の持っているカラダと男性の持っているカラダとは全然違いますから、ものの考え方も違う。』

(Reference: Michio Kushi 『男女の違い』 http://www.ewoman.co.jp/winwin/34km/12.html)


|

« 1 DAY CAFE と レシピ作り | トップページ | 週末の »

コメント

首たてにブンブン振ってるの見える?!
そうそうそうなんだよね~。

投稿: okimaki | 2009年6月 9日 (火) 21時40分

まきちゃん、見える見えるー。毛先がクリンって跳ねてる。
今の草食系とかオトメンってそういう流れなのかなぁ・・・。

投稿: yukibean | 2009年6月10日 (水) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男らしさ 女らしさ:

« 1 DAY CAFE と レシピ作り | トップページ | 週末の »