« 砂時計 | トップページ | 雑穀食堂・催しごと »

2009年4月 3日 (金)

冷やし固めるお菓子

01


チョコだったり、チーズやクリームだったり。
冷やし固めて作るお菓子もこの頃気になって作っています。
もう、夏は終わったのですけど・・・。


02

苺ムースとレアチーズクリームのチョコレートケーキ。
チョコと苺は、これはもう絶対おいしい組み合わせだと思うのです。

03

果肉を煮詰めた苺ソースをたっぷり加えた苺ムースをココアスポンジではさんで。
トップにクリームチーズを使った濃厚クリームを流し込み表面はココアをふって。
カカオ、イチゴ、チーズ、3つのフレーバーが楽しめます。
苺もそろそろ最後かな。ストックの苺ソースも底をついてきました。

和風レアチーズケーキ

05

水切りヨーグルトを使ったローカロリーなレアチーズケーキです。
抹茶のスポンジ生地と粒餡で和風に。甘みは抑えて。
でも、これはもう少し甘みがあってもよいかなというかんじ。

このさっぱりさは、やはり柑橘やマンゴーなどのフルーツソースや果肉ピューレと合いそう。
レアチーズ生地に、もうひと手間加えたら、小豆と抹茶でも味が馴染むのではないかなと思います。

抹茶の生チョコ

04

なんとなく暇で、夜にごそごそ作ってみたら意外に好評でうれしかったひとつ。
生チョコやトリュフって実はとっても簡単で、保存もきいて、プレゼントにもよくて。
基本的に、チョコ:クリームは2:1の割合のガナッシュと同じなのです。
思いついたらすぐできる、溶かして固めるだけのお菓子。


06

こちらは焼き菓子ですが、旬のフレッシュ無花果を焼きこんだへーゼルナッツチョコレートケーキ。
しっとりと焼き上げ、仕上げに洋酒入りのシロップをうつので、冷やすと生チョコのようでもあります。

07


粉の配分を少なめで、へーゼルナッツパウダーがたっぷり。

バター生地にアーモンドミールをあわせることは多いですが、へーゼルナッツミールをあわせてみると
カカオとよくなじんでナッツ感がもっとでている感じがします。

フルーツ系のバター生地とはアーモンドミールのが相性よさそうだけど、カカオや珈琲とは
へーゼルナッツミールのがあうのかな、と思いました。
で、紅茶はアーモンド、抹茶やほうじ茶だとへーゼルナッツがあいそう。
そんな気がします。


最近、フランス在住の日本人パティシエさんのブログに遊びに行くのですが、きらきらとした
フランス菓子が画面から溢れていて、それはそれは綺麗なのです。

職人技が光るデコレーションやフレッシュケーキより、パン好きな私は、
やはり粉を感じる素朴な焼き菓子が好みなのですが、それでもつやっとした
ガナッシュクリームのチョコレートケーキやモンブランはとっても魅力的。

画面を通して気づいたのが、フランスはフランボワーズで飾ったお菓子の多いこと!
国旗のカラーのひとつでもある、『赤』系のカラーのお菓子も多いなと思いました。
それと、どこのお菓子やさんにも、お店を特徴するマカロンがあるような。


夜寝るときに、ベッドで寝転びながらそんなページをみていたら、朝起きるまで頭の中が
お菓子でいっぱいになりました。

|

« 砂時計 | トップページ | 雑穀食堂・催しごと »

コメント

みんなとってもおいしそうですheart
体に優しそうでとても栄養がありそうです!
気持ちがとても入っている一つ一つが生き生きしてます。
近所だったら絶対買いにいくのに!

投稿: Pandy | 2009年4月 3日 (金) 22時55分

Pandyさん

こんにちは。
ありがとうございます☆
失敗して凹んだりも度々なのですけど、おいしいと言って貰えるのが原動力なのだと思います!
栗がこれから旬なので楽しみです。

投稿: yukibean | 2009年4月 5日 (日) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/28926895

この記事へのトラックバック一覧です: 冷やし固めるお菓子:

« 砂時計 | トップページ | 雑穀食堂・催しごと »