« 納品 | トップページ | 本棚からの記憶 »

2009年3月 9日 (月)

小確幸

Syoku

「小確幸」、小さいけれど確かな幸せ。
村上春樹がエッセイで作った造語で、私の好きな言葉です。

日々の暮らしには小さいけれど確かな幸せ、というのは結構あって、
それを意識すると日々の暮らしがより充実してくるように思います。

ここ最近「幸せだなあ」と感じたことは、本当些細なことでした。

肌寒い曇り空の週末、最近はこういう静かな天候が割りに好きです。
低気圧だと副交感神経のが働くらしく、気持ち的にもしずかーなゆったりした気分になれる。

週末カフェの仕事が終わって、遅いランチはスタッフの希望で御うどんに。
出汁をとって、時間をかけて作ってくれた温かいうどんを、皆で食べる。
外は寒くて曇り空で、流れる空気は静かで、ゆったりしていて。
器の中からは湯気があがって、ずるずると皆がうどんを食べる音がして、他愛のない会話があって。
うどんはおいしくて温かい。

「あー、幸せだなあ。」

ほんっと小さいのだけど、確実な幸せでした。


最近うれしかったことは、おじいちゃんから届いた手紙。
丁寧に注意深く書かれたと思われる、封筒にある英語表記の私の名前と住所。
手紙というのはいいな。
日本に手紙を送って返信が届くまで2週間程かかるので、留学当初、メールが普及してなかった時は
毎日、毎日、郵便受けをみるのが楽しみでした。


友人のお家での持ち寄りディナー
カレー&インディアンナイトで、
私はインディアンカレーを。自分以外の為に作る料理というのも小確幸だな。

Syoku01

具は鶏肉だけをいれればよいのだけど、野菜がないのは寂しいので、
玉ねぎとマッシュルームをみじん切りにして、
ズッキーニとかぼちゃを鶏肉と同じくらいの大きさに切りそろえて。

インディアン・カレーといっても、
とーっても簡単なこちらを使っただけなのだけど。

Syoku02

このメーカーのは、グリーンカレーもおいしくて、保存料も入ってなくナチュラル素材なので
よく買うカレーソースです。色々な種類のカレーソースがあります。
私はLeo'sで買うのだけど、店舗によっては一般のスーパーでもみかけたことがあります。

そして、お決まりのデザートも持参。
といっても、今家にあったお菓子を盛り合わせただけなのだけど。
紅茶のシフォンケーキ、洋梨のタルト、添えて食べる用の生クリームにチェリーをいれて。

Syoku03

Syoku04


確か、村上春樹のエッセイにあった小確幸は、
揚げたての熱々のコロッケを肉屋で買い、そしてパン屋で食パンを買って、
公園のベンチでコロッケをはさんで、はふはふとしながらほお張る時だったような。

こういうのを幸せじゃなくてなんていうのか、と思ったものでした。

|

« 納品 | トップページ | 本棚からの記憶 »

コメント

ついつい日々の問題を口にする事が多い
けれど、日々の良い事をあえて書いて
みるのは良いかも..と思いました。
こうして読んでみるといい事も日々
たくさんあるものだね。
美味しい食事をご馳走様でした。
小確幸って「しょうかっこう」
と読むのかな?

投稿: ペガサス | 2009年3月 9日 (月) 21時24分

ペガサスさん

こちらこそ、遅くまでお邪魔してしまって。
グリーンカリーとおいしいコーヒーご馳走様!
整理されている膨大な音楽のリストには感心しました。

『しょうかっこう』だよ。
日常って良いことのが割りと多いよね。
1日1小確幸探しとか。

投稿: yukibean | 2009年3月10日 (火) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/28543210

この記事へのトラックバック一覧です: 小確幸:

« 納品 | トップページ | 本棚からの記憶 »