« toy | トップページ | 小確幸 »

2009年3月 7日 (土)

納品

Cake01

2日間に分けて、会社から帰って一息つく間もなく、ごそごそともう一仕事。
レストランに納品する用のケーキです。

話を頂けるは大変うれしい、そしてプレッシャー。
空いてる時間は限られているので、その中で出来ることというと難しいのです。
今週は月、水、木、金、とアフターファイブはケーキ作りをしていました。
もっと費やせる時間があればな・・・。

レストラン用への納品。何度か声をかけて下さっていたので、引き受けることにしました。
求めてくれる場所があるなら、挑戦してみよう。
これで終わりかもしれないし、これからずっとかもしれないし、それは分からないけど。


抹茶と白餡のマーブルケーキ

白漉し餡は手作りして冷凍保存しているものを使いました。
餡子は市販でおいしいのが手に入れば良いのですが、ここ海外ではなかなかそういうわけにはいかず。
抹茶一つにしても、思うような質のものは手に入りにくいのが現状です。


Cake03

ダークチェリーとクリームチーズのチョコレートロール。
出来上がってすぐで、ちょっと切口がよれてしまったのだけど。

ダークチェリーと乳製品の組み合わせ、なかなか好きです。
ロールケーキではあるけど、ココアたっぷりのリッチなスポンジに、
クリームチーズのクリームを巻いていますので、軽い口当たりとも違います。

Cake04

生地はキメ細かい共立て法のビスキュイ生地で。

今週は会社で仕事のルーティンが増えたこともあり、レストラン用のケーキとカフェ用のケーキ作り
やら、時間的にも体力的にかなりハードな1週間で、挫けそうになりながらの作業でした。

それでもやっぱり、香ばしい甘い香りがリビングに漂ってきて、オーブンを覗いた時に
きれいに焼きあがってきた生地をみたら、心が晴れて、そして元気になる。

焼きあがったら、レシピ、気づいた点、、コツ、などをノートにまとめるのも毎回の作業のひとつ。
これが一通りすんだら、ほっと一息。
毎回湧いてくる疑問を後日調べるのも作業の一つ。
だから永遠終わりがない。

Cake05


レストラン用のケーキが焼きあがってから、気を奮い立たせて作ったカフェ用のシフォンケーキ。
冷ましている姿がなんとも間抜けだな。
で、これが失敗したのですよ。

抹茶とホワイトチョコのシフォンケーキだったのですが、焼きあがったらなんとも茶色い、
珈琲生地のようなシフォンケーキで。
抹茶は繊細な素材なので、加熱によって色落ち、色あせは分かるのですが、
外側だけではなく、生地全部が珈琲色になっていて。ホワイトチョコが溶けている辺りがかろうじて褪せた緑。
焦げたわけでもなく、何かの化学反応なのかな、何か間違ったものをいれてしまったのかなとか。
もう、頭は「何故?」でいっぱいで、夜中目が覚めてぐっすり眠れなかった。

色々調べたり、人に聞いているのだけど、明確に解明されなくて、今もなんでかな、なんでかな
と気になって仕方ないのです。お茶の会社に聞いてみようかな。

食べれるのだけど、お店には到底だせないので、仕方なく一生懸命食べてます。
で、身近な人にあげて食べてもらったりもしてるのだけど。

何か知ってる人がいたら教えて頂けませんか?
これが原因では?などという些細なことでもいいですので。

メール: yukashi_cafe@hotmail.co.jp

よろしくお願い致します。

|

« toy | トップページ | 小確幸 »

コメント

今日行こうと思ったけど、時間が3時を過ぎちゃったので諦めました。
また今度行くね。
今週お疲れ様。
私も裁縫をしたいのに勉強が忙しくて出来なくてすごくイライラしていた所なの。
yukibeanちゃんのブログを読んで私もがんばらなくちゃって思ったよ。
抹茶ネットで見ると、上質なほど熱を加えると変色するって書いてあったよ。

投稿: 幸鳥 | 2009年3月 7日 (土) 20時12分

幸鳥ちゃん

ありがとう!
分かるよ。時間のマネジメント難しいよね。
それに出来ることにも限界がある。努力は必要だけど無理することは違うなって思うし、楽しむ気持ちも大切だもの。

抹茶、ほんと不思議・不思議なの。
パウンドケーキも同じ抹茶を使ったのだけどね、同じくらいの長さ熱を通したのに、驚くほど色が違うの。
加えた材料、使った道具、なども関係するのだろうねぇ。お菓子や料理ってほんと化学と思う。

投稿: yukibean | 2009年3月 7日 (土) 21時05分

ついについに!これがカフェに出されてるんだね。すんごい美味しそう”食べたい!!この一言につきるよnotesレストランっていうのは、どこに出してるの??

投稿: 味和 | 2009年3月 7日 (土) 23時12分

みわちゃん
わー、久しぶり!
レストランはね、セントキルダにあるwabisabi gardenだよ。フィッツロイと同じオーナーなの。自分のお菓子が並ぶというのは、なんというか良いのだろうか・・・という不安な気持ちが初めあって、徐々にそれにも対応できるようになって、今はがんばらないと!っていう原動力になってるよ。
レストランはデザートプラッターなどにして、シェフの方がきれいに盛り付けしてくれてるんじゃないかな?と思ってます。

投稿: yukibean | 2009年3月 9日 (月) 08時10分

どれもおいしそうなケーキだねぇ~!
ますますユカシスイーツ広がってますな!^^

お茶とか抹茶ってタンニンをたくさん含んでるから、
酸化するとやっぱり茶色くなるんじゃないかな?
でも他にはうまくいってるのに、不思議だね。。。

タンニンと脂肪(ホワイトチョコ)の関係とかも
あんのかもね?!

投稿: ponzu | 2009年3月12日 (木) 20時25分

はろー、ponちゃん

色々作りたいものを、わがままに作らせてもらってる感じ。

抹茶ねー、ほんと不思議だわ。酸化し過ぎたのだろうか。
おもしろいよね、こういう化学変化。

多分、これだけが原因っていうのでもないのかもしんない。
色々原因探してると、どうも卵白とかベーキングパウダーとか
とも関係ありそう。でも、ベーキングパウダーってアルミニウムフリー
のやつ使ってるのだけどなあ。
チョコの成分に何か秘密あるのかな。材料みてみるよ。

投稿: yukibean | 2009年3月13日 (金) 06時48分

どれもおいしそうなお菓子達!
生唾出て来ました。

お菓子作りは特に難しいですよね。
普通の料理は途中で調整が出来るけど、お菓子は出来上がったとこ勝負ですもんね。

またカフェにスイーツ食べに行きたいです。

投稿: melmama | 2009年3月14日 (土) 07時43分

すごく頑張っいて、夢に向かって走ってるゆっこちゃん
かっこいいー。尊敬します。私も、頑張ないとっと思わせてくれて
ありがとう。

この前のお菓子ちょーおいしかった。

又、お店に行きますね。

投稿: | 2009年3月14日 (土) 19時25分

melmamaさん

こんにちは。
お菓子や料理ってものづくりでありながら科学的で、化学反応の世界ですものね。
オーブンに入るお菓子は途中で手出しが出来ない分、作る時は神経をとても使いますので、エネルギーもいりますよね。

またお声かけてください!


投稿: yukibean | 2009年3月14日 (土) 19時56分

私のお友達の名無しさん

誰かなーと想像して楽しんでます!
コメントありがとね。
走ってはぶつかり、走ってはぶつかりなのだけどね。
その中で色々なことを学んだり考える機会があって、良い経験だなあって思ってます。

このコメントに気づいたら名無しさんが誰か答え教えてね!

投稿: yukibean | 2009年3月14日 (土) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/28485827

この記事へのトラックバック一覧です: 納品:

« toy | トップページ | 小確幸 »