« 食べる事 | トップページ | スーパーマーケットへ »

2009年2月23日 (月)

本の中の回答

220209

本棚な中、河合隼雄さん(心理学者・日本でのユング心理学の第一人者)の本が目に留まって
久々ぱらぱらとめくってみた。

独特の発想とユーモア。初めて知った時、既に「おじいちゃん」だったのに、私の中では
何故か「少年」としてのイメージで今も残っています。

何年前に購入したのかな。
「こころの処方箋」 
お風呂の中で読んだらしく、しわしわの本。


本というのは、身近なカウンセラーであり、教科書であり、セラピーであることがあります。
人から受けるアドバイスとも違う、人から聞く話とも違う・・・・自己との対話とか、そういう感じ。
どんなジャンルでもいいのだけど、それは絵本でも、小説でも、実用書でも。

どんな捉え方をしてもいいし、
どんな質問をなげかけてもいいし、
気を使って話をあわさなくってもよい。


あれ?前読んだ時と感じ方が違うなとか、前はスルーしてたことがぎゅっと伝わってきたり。
そういうのも面白いな。


本の中より、

7章 <日本人としての自覚が国際性を高める>

外国人として海外に住む(永住)多くの私の友人・知人にも共通するのだろうな。
外国に住む者としてのテーマ「アイデンティティ、拠点」。

「これらの人たちは皆、国際的に生き、表面的にはよく適応していて何の問題もないのだが、
言うなれば自分のルーツをどこにおろすか、ということについて深く悩んでいると言っていいだろう。」
(p.36)

「国際的とやらで根無し草のようにふらふらするよりも、自分の根を深く深く追求することによって、
他と交わることを考えるべきであろう。」
(p.37)

28章 <文句を言っているうちが華である>

40章 <道草によってこそ 「道」 の味がわかる>
まさしくその通りであるな、と経験上感じること。

「道草によってこそ道の味がわかると言っても、それを味わう力をもたねばならない。・・・
・・・・それを眺める視点をもつことが必要だと思われる。」
(p.169)


210209

出会いも多ければ別れもあって。
こっちの生活が長い友人のフェアウェルパーティ。
環境が変わり、新しい生活を日本でスタートする。

生活は安定してくると物足りなくなってくる、そして同時に環境を一遍することには勇気もいる。
私の場合だけれど。

48章 <羨ましかったら何かやってみる>

「いったいそれがどのあたりから来ているか、考えてみることにしてはどうだろう。」
(p.198)
「その人の心のなかの何らかの未開発の可能性を見出すことになってくるのである。」
( p.200)

「未開発の可能性などというと口あたりがいいが、人間というものは、なるべくなら難しいことや
苦しいことは避けたいと願っているところがある。そして、可能性を開発してゆくとき、
多くの場合に困難や苦しみはつきものだと言っていいだろう。」
( p.200)

「ある個人にとって、やらねばならぬことややれることは山ほどあるはずである。
そのなかで「羨ましい」という感情は、その「方向」に自分にとっての可能性が向かっているか
という一種の方向指示盤としての役割をもって出現してきているのである。」
( p.201)

自分では色々わかっているのだけど、うまく受け止めれない時がある。
そこに答えを見つける。

「現実から逃げない。道を味わう力・視点をいま持つこと。」

|

« 食べる事 | トップページ | スーパーマーケットへ »

コメント

こんにちは。
この本、私が日本を離れるときに叔母がプレゼントしてくれて、そのとき読んだんですけど、それからずっと忘れてた…!
心の色によって同じ文章でも響き方が違いますよね。ここにピックアップされてるいくつかの文章でもはっとしました。もう一回よんでみよ。

投稿: たまよ | 2009年2月25日 (水) 07時25分

たまよちゃん、こんにちは!

そうなんだぁー。同じ本持ってるんやね!
パラパラ・・・90Pの21章もなるほどなぁ、と。
心の色!そうだよね。何であの時と感じ方が違うんだろうとか考えたり。
自分のルーツをどこにおろすかっていうのが、今の私には一番響きました。

投稿: yukibean | 2009年2月25日 (水) 18時21分

道草。。確かにしてるな~happy01それは楽しい。
うき草気分も。。分かるな~。

投稿: okimaki | 2009年2月25日 (水) 21時51分

道草、確かにしてるよー。今もそう。
でも、道草するからこそ、ってことのが多いような。
遅れるけど、多分ピクニック行けそうだよ。

投稿: yukibean | 2009年2月27日 (金) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/28288873

この記事へのトラックバック一覧です: 本の中の回答:

« 食べる事 | トップページ | スーパーマーケットへ »