« 街歩きとカフェめぐり | トップページ | サム先生との会話 »

2009年1月26日 (月)

読書と時間

Hon

オーストラリアで暮らしていても、日本に休暇で帰っている時も、ゆっくり読書というものをした記憶が
ここ数年ないです。読書する時間がない、と言うほど時間に追われているわけではないと思うけど、
本をゆっくり読むことに時間をあてていないのだろうなあと思います。

小説を手に取る前に、お菓子や料理の本を手にとって何か作ることを考えているし、時間があれば
参考書やインターネットで情報収集や調べ物ばかりしているような気がします。
で、多分本を広げて活字を目に入れて・・・という余裕がないのかなあと。

久々、本でも読もうかなと本棚に行って手に取った1冊。
小林カツ代さんの 「料理の基礎の基礎 コツのコツ」 これは2年くらい前に買った本だけど
やっと手に取りました。読めていない本、まだ読む気分になれない本が数十冊もある・・・。

で、久々本でも・・・と思ったけどしっかり実用的な本なのだなあ、と。

ほうれん草を湯がく時は葉から入れるとおいしい!?とかそういう常識を覆すようなこともあって
気になる箇所だけ乱読しています。全然読書じゃないです。

大学の頃は勉強の合間とか、寝る前に結構夢中に村上春樹の本ばかり読んでいた気がする。


そして触れたように、本をゆっくり読む時間がないわけではなくて、今週末は時間があるな、
とかあそこ行きたいなとか思ってただ出歩いてばかりいるような・・・。

日本から戻って来てこの2週間、カフェの仕事以外、週末は何していたかなあと思うと

友人と赤ちゃんに会いに行く、別の友人だったり、姉だったりと遊んだり、お茶したり、
お酒飲んでたり、レストラン行ったり。
サム先生の鍼を受けたり、一人で気になるお店を廻ってみたり、昨日の昼間はMさんのリーディング
を受けたり。で、その合間に家のことしたり、お菓子を作ったり、ネットサーフィンしたり。

ゆっくり本を読むどころか、色々な人と会ってしゃべってばかりいるようです。

先週末と今週末に行ったレストラン

Gurkhas Nepalese
メルボルンに数店舗あるネパール料理のお店。
フィッツロイ・ノースのお店が結構好きで(混んでいないのに、リーズナブルでおいしい、雰囲気も良い)、
ネパール料理は割りに好きなクジーンです。
エスニックな感じなら、タイやベトナムだったりのアジア料理より、
中東やインド系の料理が私は好きだな。
この日は出かけ先で、お腹すいてきたし、モロッコンスープバー(モロッコのベジタリアン料理の店)
でさくっとご飯でもしていこうか?というはずが休店日で、結局ガ-カスに。
何気にこのお店、ここ数ヶ月で3回も来てる。一人30-40ドルくらいというリーズナブルさです。

Misuzu's
アルバートパークにある、いつも忙しいジャパニーズといったらここしかないです。
Misuzuは大学はいる前から、卒業し帰国するまでの4年半(か、5年)バイトした懐かしいお店です。
で、今も知ってる人が働いていたり、私の知人・友人が働いていたりで、Misuzu繋がりで
縁深いお店だったりします。でも、こっちに戻ってきて一度も食べに行っていなくて、実に6年ぶり
くらいのアルバートパーク&Misuzuでした。

頂いたもの、
カウンターから寿司ロール、サーモンのたたき
海老のアーモンド揚げ
ホタテとイカの春巻き
白身魚(Blue Eye)の揚げだし、夏野菜とそうめん仕立て
鰻丼
ごぼうとビーフの甘辛サラダ

それに白のシャードネグラスで2杯
カモミールティ
クリーム・ド・ブリュレ

鰻とホタテの春巻きはミスオーダーだから・・・と友人がサービスしてくれて
料理とデザートは2人でシェアして、グラス2杯づつワイン飲んで、トータル120ドルくらいです。
悪くないです。

それにしても、Misuzuは少しスノッブな地元オージー達に本当人気です。
あれは、店の雰囲気と、何ページにも及ぶワインリストではないか・・・と私は思っています。
お酒のセレクションは豊富です。
私の地元の銘酒「米のささやき」も置いていたり、メルボルンではあまりそういうお店ないです。

実は、こちらのレストランにお菓子を卸す話も頂いたのだけどお断りしました。
とりあえず、今はフルタイムの本業と週末カフェで、というか週末カフェに集中します。
お菓子のオーダーはもう取られないのですか?という質問も頂くのですが
(そして、とてもうれしいことなのですが)器用にあれこれ出来そうになくて
wabisabi salonさんでのみお菓子を置いています。カスタマーサービスを考えると
これが良いスタイルなのかどうなのか悩むところなのですが・・・。
ケーキやスィーツは持ち帰り$2.5(お菓子によって少し高い場合もあります)
イートインで、$3.5。
オーガニックのコーヒーかお茶とyukashiスイーツセットで$6(だったかな?)
となかなかリースナブルです。

本から話しが随分それて、最後は宣伝になってしまいました。
写真の右上の小さなボトルは日本の実家の近所にあるハーブのお店で買った檜のアロマオイル。

|

« 街歩きとカフェめぐり | トップページ | サム先生との会話 »

コメント

Misuzu、先日アルバートパークをぶらぶらしていた時にたまたま通って、「あら、素敵なジャパレスだな~」って思っていたんです。
ぜひ次はいかなくちゃ♪

私も全くと言うほどではないですけど
活字離れですね。
でも目の前のこなすのが精一杯。本を開く時はムック本が多くて癒しを求めている時かも。

投稿: SOHちゃん | 2009年1月27日 (火) 16時21分

SOHちゃんさん、
サウスメルボルンやアルバートパークもいい所ですよね。
特にカフェやショップはシティから離れた方がいいとこが多い気がします。

インターネットが普及して情報やら記事やら画面を通して得ることが
できるけど、やはりペーパーから得る方が頭や体にすっと入ってくるように
思います。料理本やきれいな写真の多い本は眺めてるだけで楽しいですね!

投稿: yukibean | 2009年1月28日 (水) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/27471252

この記事へのトラックバック一覧です: 読書と時間:

« 街歩きとカフェめぐり | トップページ | サム先生との会話 »