« 宣伝 | トップページ | 1年ぶりのティラミス、久々のエッセンシャル »

2008年7月19日 (土)

ブルーチーズ

Kyoto1

Kyoto2


Kyoto3


Kyoto4


Kyoto5


Kyoto6


Kyoto7


これはメルボルンでの写真ではなく、去年のちょうど今頃 日本帰国中に、
母と京都のエクシブに泊まりに行った時のディナーとホテルの写真。

旬の京野菜を使った創作イタリアンのレストランで、このコースは確か7000円か8000円くらいで
ワインを飲んでも一人10000円以内で、これだけのお料理を食べれる日本ってやっぱり
すばらしい! 少しホームシックになりました。

お料理もデザートも文句なくおいしくて、太刀魚のアクアパッツアはココットで運ばれてきて
目の前で器に盛り付けてくれるサービス。
器やお料理のプレゼンテージョンも素敵でした。

冬の帰国が楽しみです!


さて、メルボルンでの私の食卓。薄味、素朴で地味な料理が好きな私ですが
ここのところ、なんとなくブリーやゴルゴンゾーラなどのくせのあるチーズの気分でした。

先週の日曜日に友人を招いてお鍋パーティをしたときに、赤ワインを買ったのでチーズを数種
用意したのだけど、クラッカーにハニーとブルーチーズをのっけて食べたくなり
ブルーチーズも久々買いました。

チーズ好き国民の多いこっちでは、チーズもこじんまりとは売ってないので
カマンベールやブルーチーズなど賞味期限の短めなものは人が集まるときくらいしか買えない。
なので普段は、デーニッシュフェタ、テイスティー、エダムや、モッツラレラなどを好んで買います。

小さ目を選んだけれど日本人でブルーチーズはやっぱり人気がなくてほとんどあまってしまいました。

会社でのおやつにクラッカーと。
サンドイッチにはさんで。
家でワインと一緒に。

それでもまだあるので、この間作って冷凍しておいたパンプキンニョッキのソースにすることに。

マッシュルームとズッキーニを炒めて、
ルッコラのガーリックとオリーブオイルの利いたペストを混ぜて、
牛乳を少し加えて、白ワインを加えて、
ブルーチーズをちぎっていれて。

茹で上がったニョッキにからめて、コショウをがりがりして出来上がり。
簡単パスタ料理の出来上がり。

家ではめったにこってりしたものを作って食べないのだけど
ブルーチーズを加えることで、風味にぐっと深みがまして癖になる味かも。


今日は変わって和食の口で、きんぴらを入れた鳥そぼろ、しゃけのフレークを
保存食として作っています。かす汁もいいなあ。


|

« 宣伝 | トップページ | 1年ぶりのティラミス、久々のエッセンシャル »

コメント

素敵なレストラン料理ですね

美味しそう
素敵なホテルなのですね

投稿: ryuji_s1 | 2008年7月22日 (火) 14時15分

ホテルも素敵でした!
翌日までお腹がいっぱいで
朝食をぬいてしまったくらいボリュームたっぷりでしたよ。

投稿: yukibean | 2008年7月24日 (木) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/22358545

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーチーズ:

« 宣伝 | トップページ | 1年ぶりのティラミス、久々のエッセンシャル »