« お稲荷さん | トップページ | Rice&Soy Milk »

2008年5月31日 (土)

小田鹿焼きと、煮昆布。

Nikonbu1


先日開催されたジャパンフェスティバルで、今年も小田鹿(おんた)焼きの器を。
昨年の記事
実は、ジャパンフェスティバルに行く一番の目的が、この器をみにいくことなのです。
あとは、冷やかし程度にぐるぐるっとみて、新しいお店の情報なんかをひろって、
華道教室の生徒さんの生花を観賞して、日本食在を買って帰ってきます。

日本から輸入されてきた小田鹿焼の器たちは、ローカルのショップなどで購入できるのですが、
この素朴な器たちが若手作家作品並な値段で売られていて購入までは至らないのです。

ジャパンフェスティバルでは、輸入されているディーラーの方が出店されるので、比較的
納得できる価格で購入できるので(それでも、やはり日本価格の倍くらいはしているのではと思います)
行ったら何かしら買っています。

浅めの大鉢、中盛鉢、平皿に加えて、今年は方口小鉢とそば猪口が仲間入りしました。

Nikonbu3


まずは、昆布を干ししいたけと梅干を加えてさらっと炊いた端休めのおかずを盛ってみました。
そば猪口は、ホットチョコ!と1年に1回飲むか飲まないかなのに、
このぽってりしたカップをみてたら、ホットチョコが飲みたいなあと思って買いました。
(いまは、これで濃いめに淹れた緑茶を飲んでます)

多分、本来は粉引きなど、シンプルだけどキャラクターのある白みな器が好みなのだけど、
小田鹿焼は、その田舎臭さの残る、ちょっとしたどんくささが愛嬌があって使いやすく思います。
ちなみに、塗り薬は自然のものだそうで、300年続くその歴史が残っていけばよいなあと思います。


Nikonbu2


煮昆布を盛っているのでみえませんが、内側には渦巻きの模様が入っています。
一人暮らしながら、器や食器は多いほうなのですが、実は方口鉢は一つ目です。
最近のお気に入りは、やっぱり石岡信之さんの器で、日本帰国にまた購入するのが楽しみです。

器が増えるとお料理の楽しさも倍増!
毎日のぞく、お料理サイト『くっくぱっど』に記録用にレシピを少しずつアップしていくことにしました。


煮昆布のレシピはこちらに公開しています☆ → レシピ 梅☆煮昆布 by 豆ゆき

|

« お稲荷さん | トップページ | Rice&Soy Milk »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/21158428

この記事へのトラックバック一覧です: 小田鹿焼きと、煮昆布。:

« お稲荷さん | トップページ | Rice&Soy Milk »