« グロッサリー・食べ物、色々 | トップページ | 冬支度 »

2008年3月25日 (火)

意外にも!

Hana1


イースターサンデー、姉の家で友人が集まって広い庭で夜風にあたりながらBBQディナー。
星や月がくっきりでとってもきれい。
私は黒米を使ったうなぎの蒲焼の押し寿司、なすのディップ、もやしとほうれん草のナムルを作って
もって行きました。

オージー、イタリアンの人たちもいたので黒米を使った寿司飯だったり、ウナギはどうかな?
と思ったけど意外にも好評でした。
鰻に関しては、蒲焼のあのたれが口にあうのでしょう。(西洋人はすき焼き、照り焼き好きですから)
さすが多国籍メルボルン、食に関しての受け入れは広いです。
アジア料理に関しても、日本国内の人よりはるかに通が多いです。

黒米(うるち米)に関しては、白米が足りなくてやむを得ず1/4量混ぜたのですが、もっちり感に
よって冷やしても酢飯が固くぱさぱさにならず、しっとりといい塩梅に。

ディップは自分でも、なかなかおいしく出来たなと思ってたのですが、思ってた以上に好評で
どうやって作ったかとレシピを披露したり。
(きっとあのオイル&ガーリック漬けになったレモンピールを刻んでいれたのが効いてるのでしょう)

姉の作ったカネロニのオーブン焼き(太い筒状になったパスタにリコッタチーズとほうれん草の詰め物をして
トマトソースやホワイトソースをかけてグリルするパスタ料理です)も好評で、本場イタリア人も合格点
でした。スピナッチ&リコッタのカネロニはパスタ料理の中でもトップ3くらい好きです。


空も真っ暗になった夜もふけた頃、BBQ台では野菜や肉のじゅーじゅーと焼く音。
音楽聴いて、ぺちゃぺちゃしゃべって、飲んで、食べて。
延々、夜中まで・・・

オーストラリアに住む限り、こういう休日がこの先、10年、20年、30年後もずーっと続くのだろうな
と思ったら贅沢な時間だと思ったのでした。


写真は会社の人事部のボス(元上司)とスタッフから、部署移動による新しい仕事スタートのお祝い
に頂いた花束。

人事兼、受付の仕事からエンジニアデザイン部のエンジニアアシスタントにこの度正式に
希望移動となったのです。

人事部長には、こちらが感謝するくらいなのに反対に感謝されてしまい、お祝いランチと花束。
うれしいサプライズと、うれしい心使い。

Hana2


お花はこうやって部屋に飾って。
色合いの鮮やかなお花ですが部屋にも意外にしっくりなじんでおります。

|

« グロッサリー・食べ物、色々 | トップページ | 冬支度 »

コメント

ハロー!
ごきげんいかがー
こちらは、春満開といきたいところだけど少し花冷えの空模様です

yukkoちゃんのお話をいつも興味深く読んでいてわたしもつぶつぶのお勉強がしたくなって
楓を旦さんにお願いして、この休みに本屋さんへ入り浸りました
手始めに、大谷ゆみこさんの本を購入したので
いろいろ勉強してつぶつぶマスターしてみたいとおもいまーす
yukkoちゃんの過去ログも参考にしながら美味しい幸せ探検にまいります。
またいろいろ教えてねー!

投稿: coma | 2008年3月31日 (月) 11時47分

はじめまして!
ponzuさんのブログリンク集から来ました。
小確幸と聞いてすぐに村上春樹ファンとわかったんです。
私もファン暦は浅いですがとても好き、というか今かなりはまっているところです。
この間『海辺のカフカ』を読みました。
まだ余韻が残ってます。
今は『少年カフカ』を目を皿のようにして読んでます。
素敵なブログですね。
また寄ります。

投稿: yoko@paddington | 2008年4月 3日 (木) 14時34分

こまちゃん、

はろー。日本は桜の季節だねー。(もう終わったかな?)一番好きな季節かも!

つぶつぶの本買ったんだ!!大谷ゆみこさんの本は分かりやすいし、バラエティ豊かでいいよね。さすが本家!
アレンジがきいて、保存がきいて、栄養満点な雑穀料理はほんまありがたいよなー。
こちらこそ、おいしいレシピあったらまた教えてね。

私は高きびが一番好きかも。
高きびのマーボーはきっとこまちゃんも好きと思うよ!

投稿: yukibean | 2008年4月 3日 (木) 18時32分

yoko san

はじめまして。遊びに来て下さってありがとうございます!
ponzuちゃんとこから、ということはyokoさんもお料理好きでしょうか!

村上春樹、大好きです。一番好きで、一番影響を受けた小説家ですね。なんか、こうしっくりくるかんじです。
”もし僕らのことばがウィスキーであったなら”は奥さんが撮った写真もたくさんのってる本当素敵な本で、必ずウィスキーが飲みたくなりますよ!

また、ブログに遊びにいかせていただきますね。

投稿: yukibean | 2008年4月 3日 (木) 18時40分

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』は去年友人から借りて読みました。
スコットランド(スカイ島とハリス島まで渡った)はむかーし旅したことがあってなんか空気を感じてしまいました。
あの本を読んだとき、あーウィスキーの味がわかったらさぞ人生が楽しいだろうと思いましたよ(私はお酒が飲めません)。
とはいえスコットランドはもう一度行ってみたい所です。親戚もネス湖のそばに住んでいることだし!

ところで村上春樹ファン暦(!)ですって!
これ『そうだ、村上さんに聞いてみよう』でも誰かが間違って送ってて可笑しかったんですよね(笑)。

投稿: yoko@paddington | 2008年4月 4日 (金) 19時27分

Yoko san

最近、「もし~」を読み返そうかなと思ってたところ&ここんとこ聴いてる音楽が自称ハルキストのスガシカオで、
yokoさんの村上春樹ファンというコメントだったので、シンクロだなあと思ってたのですよ。
”ファン暦”私もやったことあります・笑

ご親族の方がネス湖のそばに住んでらっしゃるのですか。素敵ですね。旅がしたくなります。

村上春樹のある小説の一節にこういう言葉がありました。

『この世界において、退屈でないものには人はすぐ飽きるし、飽きないものはだいたいにおいて退屈なものだ。』

これを目にしたときに、やっぱすごいなあと思いました。好きな言葉です。

投稿: yukibean | 2008年4月 5日 (土) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/11788720

この記事へのトラックバック一覧です: 意外にも!:

« グロッサリー・食べ物、色々 | トップページ | 冬支度 »