« 雑穀食堂 | トップページ | おいしい野菜を買いにでかけよう~第一弾 »

2008年2月21日 (木)

沖道とチャンティングと探し物

先週行ったヨガ(ビクラム)は色々バランスのとれた気持ちのよいヨガだった。
集中力、ポーズ、呼吸、筋肉の伸び縮み、疲労感全てのバランスが丁度よい塩梅で。
汗をたくさんかいても水のようにさらさらで、まるでシャワーをあびてるよう。
そしてもちろん無臭でもあるので気持ちがよいのです。
(経験からすると、沢山汗をかくこつはヨガの前に水を飲む事、第一ポーズの呼吸をしっかりすると効果的だと思います)

さて、ヨガといえば土曜日、1年半ほどぶりにゆう子先生が開いていらっしゃる沖ヨガ(沖道)
道場へ友人と行ってまいりました。以前、マクロビ料理や食養を教わりに通っていた沖道です。
先日の雑穀食堂のイベントに、生徒さん(お弟子さん?)と日本から来豪されていたお知り合いの
浄土真宗のお坊さんと共に参加くださったのが再開のきっかけです。

各レッスンやワークショップはゆうこ先生の自宅兼道場で行うのだけど、彼女のお家は魅力的です。
田舎に住む親戚のおばさん家、田舎のおばあちゃん家のようないい意味での所帯染みた田舎臭さと
生活感がそこかしこと漂っていて、お茶を飲み、大きなちゃぶを皆で囲む安心感。
長屋のような感じなのですね。

特にキッチン(というより、台所)にはごちゃごちゃと色んな食物があり、
保存食の瓶があちこちにあり、土のついたお野菜がごろんごろんとあり、
天然酵母のすごくおいしいパンがある。
彼女は色々なことを勉強されて実践されているので話をしているととても勉強になります。
(指圧、お茶もされている)

さて、今回の沖道訪問は、ゆうこ先生の提案で友人3名と共にチャンティング(詠唱)をする為。
言わば浄土真宗のお経読みなのだけど、何もお経読み!?と壁厚く思わなくとも
仏様(神様)に唱えるだけがチャンティングではないのだと実感&体感した時間でもありました。

慈しみ、慈悲、感謝、上手く言葉で説明ができないのだけど、お経を読むことって特別でもなんでもなく、
私たち日本人の生活に昔から共にあったことであり、それは言葉というツールを使っての
ある一種のヒーリング(癒し)なのではないかと勝手に思っています。
そして自分との対話の時間でもあるのだと思う。(これはヨガでも共通して言えると思うのだけど)


日本ではなかなか機会がなかったり、抵抗を感じたり(日本人は宗教的なこと=カルト的ととらえがちなので)
あるかもしれないけれど、海外だと日本のカルチャー行事的感覚で気楽にジョインすることができる。
そしてゆう子先生が考えるのは、そういう機会を使って(海外に住む日本人だからこそ)参加してもらいたいと。
(海外に住む日本人はやはりマインドが西洋的に偏ってしまっているので)

私は常々、直感や五感で受け取る感覚的なことはすごく確かなアンテナだなぁと思うのだけれど、
チャンティングはまさしくチューニングがあったという感じだった。
ひとつひとつに意味があり、生きた言葉の集合体なのだろうと感じたし、グループでチャンティング
することによって部屋の空気にも変化があったように感じる。
すごく爽快な気分という感じ。そして何故かお腹がとても空いた。

だからか今週は特に元気で、愉快なオーラがでているのか、職場でも気づくと変わりばんこに
自分の周りに人がいたり、話しかけられたり。常に人に囲まれて談笑してる気がする。


で、ここでひとつのストーリー。(興味があればどうぞ)

その日は実はお財布をなくしたのです。
ゆうこ先生の自宅近くの広場で友人と会って、お財布を開く機会があったのだけど
その時に、何故かすぐに財布を終わずに、木で出来た柵の上にお財布をぽんっとおいてしまった。
”お財布と似たような色だなぁ。私の事だとそのまま置き忘れて立ち去りそう”と思ってたら
本当に忘れていて。

お財布がないな、と気付いたのは2時間も経過したチャンティングが終わってから。
戻ってくるだろうという気がしてたので、不思議と焦りはなかったけど、
紛失ということになればカードとか、免許証とかの手続きはめんどくさいなぁと。

結果的には何の損害もなく(お金も)手元に無事戻ってきたのだけど、なくなったと気付いてから
手元に戻ってくるまでの所要時間は15分くらいだった。

近所の方が拾ってくれていて、財布の中のスポーツセンターの会員証から私のことをセンターに
問い合せしてくれて、センターの人がお財布を落とした事を携帯に留守電くれていたのです。

今思えば、財布がないと気付く前に携帯の留守電の方を先に気付いていたら何かの間違いと思っていたかも。
センターの人が留守電に残してくれたコンタクト先(財布を拾ってくれた人の名前と携帯番号)
にゆうこ先生のオージーの生徒さんが連絡をしてくれ、近所まで取りにいってくれて。

みんなに心配と迷惑をかけてしまって申し訳なかったけれど、チャンティングをしたことと関係あるのかな。
別にお祈りとか祈願とか厄払いとか、そういった意味ではないけれどチャンティングのような
行為をすることによって良いエネルギーが引き寄せられるとかそういう意味で。
(これは別でも言える事と思うけれど)


先日、行方不明になっていた実家で世話をしている野良猫が戻ってきた。
風邪をこじらせてしまい、帰って来れなかったよう。1週間で痩せ衰えてしまっていたらしい。
野良は冬によく猫風邪で死んでしまうらしく、戻るところがあった彼女は命拾いをし、
戻ってきた事でみんなが安心した。

無くなった物、居なくなったもの、が戻ってくるというのはいい兆候で縁起が良いです。

|

« 雑穀食堂 | トップページ | おいしい野菜を買いにでかけよう~第一弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/10603163

この記事へのトラックバック一覧です: 沖道とチャンティングと探し物:

« 雑穀食堂 | トップページ | おいしい野菜を買いにでかけよう~第一弾 »