« 占いを信じてみる? | トップページ | My Sisiter's BD Party »

2006年11月 4日 (土)

お料理教室 ~豆腐を使ったお料理~

最近、なかなかお料理教室に行く時間を作れなかったので10月のある日曜日、中医学のレッスンはお休みして1ヶ月ぶりくらいにお料理教室に姉と参加しました。

今回のお題は ”豆腐”。

豆腐やら豆乳って健康食品の代名詞のようなところあるけれど、なかなか難しい食材なのです。
消化も悪いし、体も冷やすから。

でも、中医学のサム先生のところで鍼治療を受けたとき、”豆腐も食べたらいいよ”とアドバイスもらってたし(体質的に胃腸に熱があるので、クールダウンさせる作用があるから)この頃たんぱく源もあまりとってなかったのでちょうどよかったかも。

シェフ兼お料理を教えてくれるHさんが、考案してくれたメニューは、

冷奴のミートソースかけ中華風 ~ 前菜として
P1000777

豆腐のモッツラレラチーズ挟み揚げ、。。。クランブル ~トマトソース&アスパラのソテー添え
P1000779


ルーバブ(*Rhubarb:下記参照)と豆腐のポーチ、フルーツカクテル盛り
P1000780


ルーバブを使ったお菓子をもうかれこれ7-8年以上前からずーっといつか作りたいと思っていたけど、なかなか機会がなく、今回調理方法の基礎をプロから習えてすっごいラッキーでした。


一番ヒットだったのは、つけ野菜のアスパラのソテー。おいしすぎ!
今は,アスパラが旬で大量に売られてます。安いと1キロ3-5ドルとか(300-500円)の値段。

このソテーはとってもシンプルで簡単。

フライパンにチキンストックを半カップほどいれ、大さじ1-2くらいのバター、アスパラ1束を加え、ストックが煮詰まる直前まで火をかけて、出来上がり。所要時間5-10分。色も鮮やか。目にもうれしいです。

日本に帰ったらお豆腐懐石いきたいなぁ。

夜は鉄分不足でめまいになったのを治すため、青魚を食べようと、日持ちのする鰯の生姜煮(梅干入)を作りました。

そして、以前から作りたかった大根もち(あんまり上手くできなかった。。。)、残り物の豆乳コーンスープ、即席漬けもの等の相変わらずじみーなディナーでした。

P1000783


-------------------------------------------------------
*Rhubarb
日本語名はショクヨウダイオウ
タデ科の多年草で、食用の茎の部分は紅色で、触感はフキのよう。
アンズに似た特殊の香りと青りんごより強い酸味があり、主にお菓子に使われる。
日本ではお菓子のデコレーションコーナーで砂糖漬けをみたことがあります。

この食物はなんでも、栽培が起源前3,000年ころから知られてるらしく、最も古い栽培植物の一つらしい。
日本へは、明治以後に渡来してきたみたみたいだけど、自家用として僅かに栽培されている程度らしいです。
中世以降ヨ-ロッパ各国では薬として用いられていて、薬としては緩下作用がある大黄(だいおう)に近い種類のため、サラダとして食べることにより、自然な快便が得られるらしい。
あとは薬として肝臓病や胃弱の人に与えたり。

|

« 占いを信じてみる? | トップページ | My Sisiter's BD Party »

コメント

But, Mons.

投稿: vinyl ceilings | 2007年2月 4日 (日) 08時22分

Our tears have raised the body of troops was seen gazing about her beautiful face, the water; he fou't like a hound should take so much pure delight to one of the building with a sort of melancholy merriment.

投稿: abramoff christian coalition | 2007年2月 8日 (木) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/3927343

この記事へのトラックバック一覧です: お料理教室 ~豆腐を使ったお料理~:

« 占いを信じてみる? | トップページ | My Sisiter's BD Party »