« Dinner @ Horoki | トップページ | マクロビ料理レッスン »

2006年8月28日 (月)

中医学っておもしろい

お料理好きがこうじて習い始めた雑穀料理から始まり、本来の美容と健康への興味も相乗して、マクロビオティック、ビクラムヨガ、沖道(沖ヨガ)、中医学と興味の幅がどんどん広がっていくこの頃です。

日曜日に始めて中国医学の教室に参加しました。これは、パブリックなものではなく、鍼や漢方のクリニックをしている先生からプライベート(知り合いが頼んで)に教えてもらっているちょっとした勉強会みたいなものです。

先生は50代の中国人のおじさん。ご家族でメルボルンに住んでいます。
お休みの日にわざわざボランティアのようなレッスン料で、軽食まで用意してくれて、質問にも丁寧に答えてくれるほんわかした雰囲気の人です。髪の毛も黒々、お肌もぴちぴち血色がいいです。(講義中じーっと観察してしまいました)

先生のとこで頂いた蓮の実入りの10穀がゆがとってもおいしくって、お家に帰って小豆入りの五穀玄米を炊きました。また、おかゆにしようと思います。

また、何か私も差し入れをしたいなぁと思います。薬膳料理にも興味ありです。

(ここからは、興味のある人のみどうぞ。)

この会のきっかけは、雑穀料理(つぶつぶ料理・未来食と呼ばれています)を一緒にしている仲間がたまたま先生のマッサージをうけたことがきっかけでした。彼女が頼んで鍼の勉強を個人的に教えてもらうことになり、そこで私も声をかけてもらったということです。結局つぶつぶを一緒にやってる仲間が参加しています。今回で4回目で、私は始めてだったので先生の所にいく前にみんなでカフェで軽く復習をしました。

一応、この勉強会の目的は鍼を教わる事なんだけど、その為には理論をしっていないことにはいけないので今は中国医学の理論をずっとやっています。今回は気、陰・陽の概念、血や体液の働きなんかを学びました。
私達は鍼より、漢方や薬膳なんかに興味があるので今後こういったのも教えてもらうことを頼みました。
そして、気孔なんかもちょっとしりたいので教えてもらえるよう頼みました。

マクロビや沖道の食事法なんかで、陰・陽にかんしての基礎的なことは漠然とは知っていたのですが、中国医学では気(Qi)、や陰・陽が内臓器官の働きや身体の健康を左右する関りの深いものでだということを知りました。

少し込み入った話になりますが、理論をさらっと復習をしてみたところによると、古来中国ではあらゆるものは陰陽に分けて考えられるという考えがあるということです。それらは2つの側面であり、対立である相対関係であり、陰陽の相互作用が全ての事象の原動力であり、万物の事象は全て陰陽の関係の変化と解釈するらしいです。

沖ヨガは東洋医学の考えも大きく取り入れられているので、陰陽のバランスの大切さは中国医学の理論を知れば、理解がもっと深くなりました。

そして、基本概念として五行学説というのもあり、全ての事象は ”木・火・土・金・水” のそれぞれの特性を持つ仮想物質の運動と変化によって構成されているという概念があります。
 (詳しくはこちらを参照 → http://www.yakuzenro.jp)

食物、自然、感情、五感、五臓六腑なんかはこの ”五” にそれぞれ分類されお互い密接な関係にあります。

中医学では、このような関係のバランスがくずれることによって病気になるという考えで、それは例えば体内のバランスであったり、自然とのバランスであったり、環境とのバランスであったりです。栄養のバランスにおいては季節、天候等も含めたバランスの均整を考えます。だから、その土地で採れる季節・風土にあった旬で新鮮なものを食べるというのは大事なんですね。
こういったバランスについて調べていると食事、生活習慣を気をつけるというのは基本的なことなのだけれど、とても大切だと痛感させられます。

とまぁ、考え始めたら切りがないのですが今回のレッスンでは色々感嘆することが多く、特に中国医学でいう12チャンネルという理論があるんだけど、人間の体調を24時間のサイクルに照らし合わせて、時間帯によって内臓疾患などの病気を見つけるということや、気の概念、月の周期と人間の体のサイクルの関係など、実態はなくなかなか神秘的な世界なのだけれど、論理として通ずるとこがあり、そこらへんはとっても興味深く魅力的でした。

日本は、どちらかというと西洋医学的な考えが主流だけど、東洋医学も日常に密接してるので初めてのレッスンでも違和感無く、なるほどっていう納得する事が多かったのだけど、こういった理論を丸まるの西洋人に話しても理解するのは難しいだろなぁって思いました。

それにこういった東洋医学的な思想や概念は、古来中国から生まれた哲学でもあり歴史と文化と深く深く関係してると思うんだけど、例えば宗教的な思想でみたらどうなのかなぁって思いました。ある厳しい閉ざされた宗教にとっては、こういう思想や概念が受け入れられない。。。とか。
というのも、以前宗教とは?というところで自分なりに色々考えることがあり、その疑問はまだどこにも到達してません。というか永遠とみつからないものかもしれないんだけど、気になるところです。

最近そういえば、健康関連ばっかに興味がいっていて今月はエステに1回も行ってないことに気が付いた。しかも、買い物らしい買い物もしていません。春物も(メルボルンもすっかり春らしくなりました)まだみにいってないし。
というより、オーストラリアにいると物欲がわかないんです。日本にいた頃の春物をみてわくわくしてたのがなつかしいです。

|

« Dinner @ Horoki | トップページ | マクロビ料理レッスン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62202/3257149

この記事へのトラックバック一覧です: 中医学っておもしろい:

« Dinner @ Horoki | トップページ | マクロビ料理レッスン »